1部リーグ 第4節 20210425日()デンソー VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【デンソー】カーリー・フーバー
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜《二》棚町佳奈
【デンソー】《本》小島あみ、川畑瞳
バッテリー
ホンダアリー・カーダ、○ジェイリン・フォード-棚町佳奈
デンソー●カーリー・フーバー、メーガン・グッド-小島あみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節さいたま大会・第3日第1試合は、前日(4月24日/土)の日本精工 Brave Bearies戦に4-2で勝利を収め、「単独首位」の座を守ったデンソー ブライトペガサスと、戸田中央総合病院 メディックス戦に2-5で敗れ、通算成績3勝4敗と勝率5割を割り込み、黒星先行となってしまったHonda Revertaが対戦した。

 Revertaは2回表、ブライトペガサスの先発・カーリー・フーバーの制球が乱れ、5番・アリー・カーダ、6番・杉本梨緒が連続四球で歩き、無死一・二塁。一死後、8番・棚町佳奈がライトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、先制点を挙げると、二死後、1番・長谷川優理にもタイムリーが飛び出し、二者生還。この回3点を先制した。

 先制を許したブライトペガサスはその裏すぐに反撃。Revertaの先発・アリー・カーダに襲いかかり、一死から6番・吉田彩夏がセンター前ヒットで出塁すると、続く7番・小島あみがワンボール・ツーストライクからの4球目をジャストミート! 右中間へツーランホームランを放ち、1点差に迫り、続く8番・釼持祐衣がライト前ヒット。犠打で走者を二塁へ進めた後、1番・川畑瞳がワンストライクからの2球目、ボールに逆らわず、巧みなバットコントロールでレフトスタンドに運ぶツーランホームラン! 打率1割台で苦しむ「キャプテン」に今シーズン「初本塁打」が飛び出し、4-3と逆転に成功した。

(※3点を先制されたブライトペガサスはその裏、「打撃好調」の小島あみと「キャプテン」川畑瞳がツーランホームランを放ち、一挙4点を奪い、逆転!)

 逆に1点を追う立場となったRevertaは5回表、この回先頭の2番・糟谷舞乃が死球で出塁。3番・塚本蛍の送りバントは二塁封殺。走者を進められず、一死一塁となったが、続く4番・森山遥菜がワンボール・ワンストライクからの3球目を思い切り振り抜くと、打球はレフト頭上に高々と舞い上がり、そのままスタンドに飛び込む逆転のツーランホームランとなり、5-4と試合をひっくり返し、再びリードを奪った。

(※1点を追うRevertaは「主砲」森山遥菜が2試合連発となる本塁打を放ち、逆転!)

 このリードを4回からリリーフしていた「左のエース」ジェイリン・フォードが守り切り、5-4で辛勝。「単独首位」を走っていたブライトペガサスを「直接対決」で叩き、上位争いに踏み止まる貴重な1勝を挙げた。

 勝ったRevertaは、一度は逆転を許したものの、「主砲」森山遥菜の豪快な「一発」で逆転! アリー・カーダ、ジェイリン・フォードとつなぐ、自慢の「外国人投手左右の二枚看板」をフル回転させる継投策を駆使し、5-4と辛勝。通算成績4勝4敗で勝率5割に戻した。

 敗れたブライトペガサスは、先制点を許した直後すぐに逆転に成功したが、4回以降は代わったRevertaの「左のエース」ジェイリン・フォードから追加点を奪えず、4-5で惜敗。通算成績6勝3敗となり、「勝率」の差で首位陥落。同率3位に順位を落としてしまった。

1882
2021
4
25
04
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc