1部リーグ 第4節 20210425日()太陽誘電 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】曽根はん奈
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【シオノギ】 
【太陽誘電】《本》尾崎望良、中溝優生
バッテリー
シオノギ●千葉咲実-宇野有加里
太陽誘電○曽根はん奈-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節太田大会・第3日第2試合では、前日の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に0-3の完封負けを喫し、通算成績2勝6敗・暫定11位に低迷する太陽誘電 ソルフィーユと、同じく前日の大垣 ミナモ戦に延長8回タイブレークの末、1-2で競り負け、通算成績2勝5敗(暫定10位)となったシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 ポポンギャルズ・千葉咲実、ソルフィーユ・曽根はん奈の「両サウスポー」が先発登板し、はじまった試合は、後攻のソルフィーユが初回に先制攻撃。一死から死球、ヒットで一・二塁のチャンスを作ると、4番・尾崎望良がワンボールの後の2球目をフルスイング! 打球はグングン伸びてセンターフェンスを越えるスリーランホームランとなり、3点を先取。さらに5番・須田真琴が死球で出塁し、二死となった後、7番・中溝優生もセンターへツーランホームランを叩き込み、この回大量5点を奪った。

(※ソルフィーユが初回に尾崎望良、中溝優生の「2本のホームラン」で大量5点を先制!)  

 守っては、打線の「強力な援護」を受けた先発・曽根はん奈が直後の2回表に守備の乱れで失点したものの、勝利への「気迫」を前面に出し、相手打線に臆することなく「向かっていく!」堂々たるピッチングを展開。3回以降は危なげなく、ポポンギャルズ打線を3安打に抑える力投で完投勝利。5-1の快勝で連敗をストップさせ、通算成績を3勝6敗(暫定10位)とした。
 
 一方、ポポンギャルズは先発・千葉咲実が初回いきなり「ホームラン二発」を浴び、5点のビハインドを背負う苦しい試合展開。直後の2回表に相手守備の乱れで1点を返したが、ソルフィーユ・曽根はん奈を最後まで攻略することができず……。今節も連敗(前節から含めると4連敗)を喫することになり、通算成績2勝6敗(暫定11位)と依然厳しい状況に立たされている。

(※ポポンギャルズは5点を先制された直後、相手守備の乱れで1点を返したが……)

1881
2021
4
25
04
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc