1部リーグ 第4節 20210425日()豊田自動織機 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】長谷川鈴夏
敗戦投手【ミナモ】内藤加菜
打撃成績 【ミナモ】《本》内田小百合《二》山口涼香
【豊田織機】《本》須藤志歩《二》田井亜加音
バッテリー
ミナモ●内藤加菜、金丸侑志帆、中山日菜子、浅井茉琳-田立梨子・長井美侑
豊田織機○長谷川鈴夏-椛山奈々

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節太田大会・第3日第1試合は、前日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に3-0の完封勝利を収め、通算成績5勝2敗。ビックカメラ高崎 BEE QUEENと並び「同率2位」につける豊田自動織機 シャイニングベガと、今節初日(4月23日/太陽誘電 ソルフィーユ戦)、2日目(4月24日/シオノギ製薬 ポポンギャルズ戦)と連勝し、通算成績4勝4敗の同率6位に浮上。この試合も勝利して “3連勝(前節から含めると4連勝)” を飾り、勝ち星先行の状況へもっていきたい大垣 ミナモが対戦。
 
 大垣 ミナモ・内藤加菜、シャイニングベガ・長谷川鈴夏の両投手の先発ではじまった試合は、後攻のシャイニングベガが初回に先制攻撃。1番・須藤志歩がいきなりライトスタンドへ先頭打者ホームランを突き刺し、1点を先取。地元・太田市出身でこの試合先発投手に起用された大垣 ミナモ・内藤加菜に「強烈な先制パンチ」を浴びせた。

(※シャイニングベガが1番・須藤志歩の先頭打者ホームランでいきなり1点を先取!)

 シャイニングベガは1点をリードしたまま迎えた4回裏にも、大垣 ミナモの2番手・金丸侑志帆を攻め、一死から8番・田井亜加音、9番・福重さくらが長短打。一・三塁のチャンスを作ると、初回に先頭打者ホームランを放った1番・須藤志歩が今度はレフトへキッチリ犠牲フライを打ち上げ、貴重な追加点。「好調」須藤志歩のこの試合「2打点目」を挙げる活躍でリードを広げた。

 守っては、先発・長谷川鈴夏が終盤6回表にソロホームランを浴び1点差に詰め寄られたものの、大垣 ミナモ打線を散発4安打に抑え、2-1の完投勝利。自身「日本リーグ初勝利」を挙げるとともに、チームも通算成績を6勝2敗に伸ばし、ビックカメラ高崎 BEE QUEENと並ぶ「同率首位」に躍進した。 

 一方、大垣 ミナモは初回に先頭打者ホームランを浴び、4回裏にも追加点を奪われるという劣勢の試合展開から、6回表、1番・内田小百合のソロホームランで1点差。7回表にはこの回先頭の4番・田島萌愛が左中間二塁打で出塁し、「一打同点」の場面を作ったが……反撃もここまで。惜しくも1-2で競り負け、今節3連勝はならず、通算成績4勝5敗(暫定8位)とまた一つ黒星が先行する状況になった。

(※大垣 ミナモも6回表に1番・内田小百合のソロホームランで1点差に詰め寄ったが……)

1880
2021
4
25
04
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc