1部リーグ 第4節 20210424日()トヨタ自動車 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【伊予銀行】 
【トヨタ】《二》切石結女
バッテリー
伊予銀行●黒木美紀-安川裕美
トヨタモニカ・アボット、○後藤希友-峰幸代、切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節豊田大会・第2日第2試合は、前日(4月23日/金)の日立 サンディーバ戦に3-0の完封勝ち。「ホーム」の熱い声援にも後押しされ、この第4節の3連戦で一気に「上昇気流」に乗っていきたい通算成績4勝3敗のトヨタ自動車 レッドテリアーズと、ここまで3勝3敗の勝率5割、上位争いに生き残るためには「負けられない」伊予銀行 VERTZが対戦した。

 レッドテリアーズは「絶対的エース」モニカ・アボットが今シーズン「初先発」、VERTZはこのところ調子を上げてきている黒木美紀が先発に起用され、両投手が好投。7回終わって両チーム合わせてわずか1安打。レッドテリアーズは2回裏の9番・渥美万奈のセンター前ヒットが唯一の安打、VERTZに至ってはノーヒット、14三振を奪われ、敵失、四死球の出塁のみと、非常に「静かな試合展開」で両チーム無得点のまま、試合は延長タイブレークに突入した。

 延長8回表、レッドテリアーズはノーヒットピッチングの「絶対的エース」モニカ・アボットを降板させ、後藤希友に投手交代。VERTZはタイブレークの走者を送れないまま、一死となったが、8番・本間紀帆が三遊間を抜く安打。ようやく「チーム初安打」を放ち、一死一・三塁とチャンスを広げると、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とチャンスを広げ、9番・浅石彩菜の打席でヒットエンドランを敢行。ファースト前に転がすと、これがフィルダースチョイスとなり、三塁走者が生還。待望の先取点を挙げた。

(VERTZは延長8回表、一死二・三塁から浅石彩菜がヒットエンドランを決め、1点を先制!)

 レッドテリアーズはその裏、タイブレークの走者を手堅く犠打で三塁へ進め、4番・古澤春菜がフルカウントまで粘り、執拗に仕掛けたヒットエンドランをついに成功させ、同点。これで試合の流れが変わったか、続く5番・峰幸代が三塁強襲安打で出塁すると、途中出場の6番・切石結女が左中間を深々と破るサヨナラのタイムリーツーベース! 一塁走者が一気に還り、劇的なサヨナラで粘るVERTZを振り切った。

(※レッドテリアーズは延長8回裏、古澤春菜のヒットエンドランで同点に追いつき、切石結女の左中間二塁打で劇的なサヨナラ!)

 勝ったレッドテリアーズは「ホーム」で連勝! 苦しみながらも延長タイブレークの「死闘」の末、VERTZに2-1の逆転サヨナラ勝ち。通算成績5勝3敗と星を伸ばし、上位戦線に踏み止まった。
 
 敗れたVERTZは3勝4敗。「優勝争いの常連」レッドテリアーズを「あと一歩」のところまで追い詰めながら、延長タイブレークで力尽き、無念の逆転サヨナラ負け。互角の試合を演じながら、惜しい試合を落としてしまった。

1879
2021
4
24
04
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc