1部リーグ 第4節 20210424日()戸田中央総合病院 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜、塚本蛍
【戸田中央】《本》數原顕子《二》水戸久瑠実
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード-棚町佳奈
戸田中央○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節さいたま大会・第2日第1試合は、前日(4月23日/金)のデンソー ブライトペガサス戦に2-9で敗れ、「首位争い」から一歩後退を余儀なくされた戸田中央総合病院 メディックスと、通算成績3勝3敗の勝率5割、「悲願」の日本リーグ制覇を成し遂げるためにも、これ以上「負けられない」Honda Revertaの対戦となった。
 
 試合はメディックスの「エース」ジョーダン・テーラーと、Revertaの「左のエース」ジェイリン・フォードの「エース対決」となり、「投手戦」となることが予想されたが、試合は序盤から早くも動いた。

 Revertaは2回表、この回先頭の4番・森山遥菜がフルカウントからの6球目をとらえ、レフトスタンドに飛び込むソロホームランを放ち、1点を先制。第3節終了時点で打率1割台、本塁打のなかった「悩める主砲」に待望の今シーズン「第1号」のホームランが飛び出した。

(※2回表、Revertaの「主砲」森山遥菜がソロホームランを放ち、1点を先制!)

 1点を先制されたメディックスは、その裏、この回先頭の4番・數原顕子がワンボール・ワンストライクからの3球目を強振すると、打球は左中間に高々と舞い上がる滞空時間の長い本塁打となり、同点。「やられたらやり返す!」とばかりに、本塁打王争いのトップに立つ「第4号」のソロホームランを放ち、すぐさま同点に追いついた。

 1-1の同点で迎えた3回裏、メディックスは一死から、1番・江口未来子が二遊間安打で出塁し、次打者の三振となる投球のときに盗塁を仕掛けると、これを阻止しようとしたキャッチャーの二塁送球が逸れ、三塁まで進塁(記録は盗塁と捕手の二塁悪送球)。二死三塁とし、続く3番・有吉なつきのショートへの当たりが内野安打となり、三塁走者が生還。まず1点を勝ち越すと、続く4番・數原顕子の一・二塁間を抜く安打で一・三塁とチャンスを広げ、5番・田中江理奈のセーフティーバントを処理したサード・糟谷舞乃が三塁走者が走っていないにもかかわらず、本塁へ送球してしまい(記録は安打)、満塁。続く6番・水戸久瑠実の強烈に引っ張った打球がレフト線ギリギリを抜く走者一掃のタイムリーツーベースとなり、一挙3点を追加。この回計4点を追加し、5-1と大きくリードを奪った。

(※1−1で迎えた3回裏、メディックスは4本の長短打等でこの回一挙4点を奪った。)

 4点をリードされたRevertaは終盤6回表、この回先頭の3番・塚本蛍がワンボール・ワンストライクからの3球目を思い切り振り抜き、センターオーバーのソロホームラン! 昨シーズンの「本塁打王」がその肩書きにふさわしい豪快な一発を放ったが、反撃もここまで。2-5で敗れ、4敗目。ついに勝率5割を割り込み、「黒星先行」の状態となってしまった。

 勝ったメディックスは先制点を許したものの、打撃好調の「主砲」數原顕子のホームランですぐに同点に追いつき、3回には4本の長短打を集中し、一挙4点を勝ち越し。「エース」ジョーダン・テーラーの被安打4・奪三振9の好投もあり、5-2で快勝。通算成績5勝3敗とし、上位争いに踏み止まる貴重な勝ち星を挙げた。

 敗れたRevertaは「左のエース」ジェイリン・フォードがメディックス打線につかまり、集中打を浴び、5失点。2本の本塁打で2点を挙げたものの、いずれもソロホームランの「単発」で自慢の「パワフル打線」がつながらず、メディックスの「エース」ジョーダン・テーラーに散発4安打・9三振と抑え込まれ、投打の歯車が噛み合わず完敗。「悲願」の日本リーグ制覇を成し遂げるためには、ここが「正念場」。何とか踏ん張り、上位浮上のキッカケを見出したいところだ。

1877
2021
4
24
04
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc