1部リーグ 第4節 20210424日()日本精工 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】原奈々
敗戦投手【日本精工】八木里菜
打撃成績 【デンソー】《本》山田恵里、吉田彩夏《二》榎本千波
【日本精工】《二》黒木美佳、久保和咲
バッテリー
デンソー○原奈々、辰已舞衣、メーガン・グッド-吉松梨乃
日本精工●八木里菜、山田玲菜-桑畑詩乃、重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節さいたま大会・第2日第1試合は、前節(第3節)のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦でようやく今シーズン初勝利を挙げた日本精工 Brave Beariesと、前日(4月23日/金)、戸田中央総合病院 メディックスに9-2で大勝し、通算成績5勝2敗で消化試合数に差異はあるものの、現時点で「単独首位」に立ったデンソー ブライトペガサスの対戦となった。
 
 Brave Beariesは八木里菜、ブライトペガサスは原奈々を先発投手に立て、始まったこの試合は、初回から点を取り合う展開となった。
 先攻のブライトペガサスは初回、一死から2番・川畑瞳が四球で出塁すると、続く3番・山田恵里がワンボールからの2球目をとらえ、これが「日本リーグ通算本塁打歴代1位」に並ぶ「46本目」のホームランとなり、ブライトペガサスが2点を先制した。

(※ブライトペガサスは初回、「打のレジェンド」山田恵里が「日本リーグ通算本塁打歴代1位」に並ぶ46本目の本塁打を放つ!)
 
 いきなり2点のビハインドを背負ったBrave Beariesはその裏、1番・黒木美佳が右中間へのツーベースヒットを放ち、出塁。犠打で三塁に進むと、二死後、4番・高原侑里の死球で一・三塁とし、5番・松本由佳への3球目にダブルスチールを仕掛け、三塁走者が生還。1点を返した。

(※初回にいきなり2点を先制されたBrave Beariesはその裏、二死一・三塁からダブルスチールで1点を返したが……)
 
 1点差に詰め寄られたブライトペガサスは、その直後の2回表、一死から内野安打で出塁した走者を一塁に置き、8番・吉田彩夏が初球を狙い打ち! 右中間スタンドに運ぶツーランホームランを放ち、この回2点を追加し、4-1とリードを広げた。
 
 Brave Beariesは最終回、5回から登板していたブライトペガサスの2番手・辰已舞衣を攻め、代打・久保和咲のライトオーバーのツーベースヒット、9番・上原依万里の四球で無死一・二塁とし、1番・黒木美佳の強烈なピッチャー返しが辰已舞衣の顔面を直撃! その打球がサード方向に転がり、サード・洲鎌夏子がまず三塁ベースを踏み、そのまま一塁に転送。打者走者もアウトにする冷静な判断でダブルプレーとし、二死となったが、打球を受けた辰已舞衣は降板。二死二塁のこの場面でメーガングッドが「緊急登板」したものの、2番・西岡彩乃にセンター前へのタイムリーを浴び、1点を返され、2点差。なお得点圏に走者を背負うピンチが続いたが、次打者をセカンドゴロに打ち取り、試合終了! 4-2でブライトペガサスが逃げ切った。
 
 敗れたBrave Beariesは、先発・八木里菜が「古巣」のブライトペガサス相手に先発起用されたが、試合序盤で2本のツーランホームランを浴び、4失点。3回途中から登板した山田玲菜がそれ以降無失点に抑え込んだだけに、序盤の4失点が悔やまれる。通算成績1勝6敗となり、依然最下位を抜け出せずにいる。
 
 勝ったブライトペガサスは前節(第3節)から4連勝! 2本の本塁打で序盤早々と勝負を決め、最終回、思わぬアクシデントで冷や汗をかく場面もあったが、4-2で逃げ切り、6勝2敗と星を伸ばし、「単独首位」の座を守った。

1876
2021
4
24
04
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc