1部リーグ 第4節 20210424日()太陽誘電 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【太陽誘電】寺田愛友
打撃成績 【豊田織機】《二》大平あい
【太陽誘電】 
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
太陽誘電●寺田愛友-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節太田大会・第2日第2試合では、前日(第4節第1日/4月23日)大垣 ミナモとの対戦に0-5で敗れ、通算成績2勝5敗。暫定11位まで順位を下げる形になった太陽誘電 ソルフィーユと、前節ホームの刈谷大会で連勝し、通算成績4勝2敗。前節終了時点で「5チームが並ぶ」という格好ながら、同率首位に立った豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。

 試合はシャイニングベガが「エース」ダラス・エスコベド、ソルフィーユが「ルーキー」寺田愛友を先発投手に起用し、スタート。
 
 初回、2回、3回と両チーム得点を挙げることができず、迎えた4回表、シャイニングベガは2番・須藤志歩が三遊間を破るヒットを放ち、出塁。内野安打、ダブルスチールで二・三塁と攻め立てると、一死後、5番 チェルシー・グッドエーカーのセカンドへの当たりがフィルダースチョイスとなる間に三塁走者・須藤志歩が好判断・好走塁で本塁を陥れ、1点を先制。さらに相手守備の乱れ等で追加点を挙げ、この回一挙3点を奪い、試合の主導権を握った。

(※シャイニングベガが4回表に一挙3点を奪い、試合の主導権を握る!)  

 守っては、必勝を期して先発登板した「エース」ダラス・エスコベドが立ち上がりから快調にとばし、序盤3イニングをノーヒットピッチング。4回裏こそ連打、盗塁で二・三塁のピンチを背負ったが、後続を「注文通り」連続三振に斬って取り、その後終盤3イニングは再びノーヒットピッチングを披露する快投ぶり! 最終的に被安打2・奪三振13と文句なしの投球内容でソルフィーユ打線を抑え込み、3-0の完封勝利を飾り、通算成績を5勝2敗に伸ばした(試合消化数に差異があるものの、この日終了時点でチームはビックカメラ高崎 BEE QUEENと並び「同率2位」となった)。
 
 一方、ソルフィーユは前日に続いて「守備の乱れ」が直接失点につながる「苦しい試合内容」に終始。打線もわずか2安打では勝機を見出すことが難しく、2試合連続の完封負け。通算成績2勝6敗と依然状況は厳しいが、今節最終戦となる明日のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦では何とか「今の雰囲気を変える」勝ち星をつかみたいところだ。

1875
2021
4
24
04
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc