1部リーグ 第4節 20210424日()シオノギ製薬 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】サラ・パウリー
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【ミナモ】《本》伊藤梨里花
【シオノギ】 
バッテリー
ミナモ○サラ・パウリー-長井美侑
シオノギ●吉井朝香-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節太田大会・第2日第1試合は、前節連敗を喫し、通算成績2勝4敗。前日(第4節第1日/4月23日)の各チームの試合結果をもって暫定10位に位置する形となったシオノギ製薬 ポポンギャルズと、前日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に5-0で完勝! 通算成績を3勝4敗(暫定9位)とし、勝率5割まであと一勝、この試合も勝利して一気に上位争いへ割って入りたい大垣 ミナモが対戦。

 試合は大垣 ミナモ サラ・パウリー、ポポンギャルズ・吉井朝香の両先発投手が一歩も譲らぬ「投げ合い」を展開。大垣 ミナモのサラ・パウリーが前日の試合同様「緩急」「打者の手元で変化する球」を巧みに織り交ぜ、相手打線を抑えれば、ポポンギャルズの吉井朝香は「内外角・高低」をキッチリ突き、「打たせて取る」ピッチングで応戦。7回を終了して0-0と両チーム無得点のまま、延長タイブレークに突入することとなった。

 迎えた延長8回表、大垣 ミナモはタイブレークの走者を手堅く送りバントで三塁に進め、1番・内田小百合のレフトへの犠牲フライで待望の1点を先制すると、さらに2番・伊藤梨里花がフルカウントからの8球目を思い切りよく振り抜き、センターへ「会心の当たり」のソロホームラン! この回大きな2点目を追加し、勝利をグッと引き寄せた。

(※延長8回表、大垣 ミナモが内田小百合の犠牲フライ、伊藤梨里花のソロホームランで「大きな2点」を奪う!)

 守っては、その裏、好投を続ける「エース」サラ・パウリーが犠牲フライで1点を返されたものの、動揺することなく後続を断ち、2-1で熱戦に勝利。前日に続いて連勝を飾り、通算成績を4勝4敗(勝率5割)とした。

 一方、ポポンギャルズは先発・吉井朝香が7回まで無失点と好投したが、頼みの打線が大垣 ミナモ サラ・パウリーをなかなか攻略できず、延長8回裏の攻撃も1点止まり。結局1-2で敗れ、前節から3連敗……。通算成績2勝5敗となってしまった。

(※ポポンギャルズも延長8回裏に1点を返し、「一打同点」の場面を作ったのだが……)

1874
2021
4
24
04
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc