1部リーグ 第4節 20210423日()トヨタ自動車 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】三輪さくら
敗戦投手【日立】ケイラニ・リケッツ
打撃成績 【日立】 
【トヨタ】《三》古澤春菜
バッテリー
日立●ケイラニ・リケッツ、坂本実桜-清原奈侑
トヨタ○三輪さくら、後藤希友-切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節豊田大会・第1日(4月23日/金)は、ウィークデー(平日)の夜、会社帰りや学校帰りにソフトボールを観戦する「新しい観戦スタイル」を提供しようと、「ナイトゲーム」で実施され、18時試合開始となった
 この日は、3勝3敗の勝率5割、同率6位から「ホーム」での3連戦で上位浮上のキッカケをつかみ、「大混戦」を抜け出したいトヨタ自動車 レッドテリアーズと、ここまで4勝2敗、5チーム並びながら「同率首位」と好調な日立 サンディーバが対戦した。

 レッドテリアーズの先発は三輪さくら。今シーズン、ここまで2勝1敗・防御率0.95、レッドテリアーズ投手陣の中で「今、もっとも安定している」投手を先発に起用してきた。その三輪さくらは先頭打者に四球を与えたものの、落ち着いて後続を断ち、初回無失点の滑り出しを見せた。

 サンディーバの先発は「エース」ケイラニ・リケッツ。今シーズンは「4番・DP」として起用されるケースが目立っていたが、ここまで2勝1敗、防御率3.13ながら第2節の大垣 ミナモ戦で「ノーヒット・ノーラン」を達成。自身、日本リーグ3度目となる「偉業」を達成し、第3節の戸田中央総合病院戦 メディックス戦でもDP起用から試合開始と同時にFP・ピッチャーの守備を兼務し、「実質的な先発投手」として1失点の完投勝利と調子を上げてきている「エース」を先発起用。こちらも三者凡退の貫禄のピッチングで試合をスタートさせた。

 両投手の投げ合いで0-0のまま、迎えた4回裏、レッドテリアーズは一死から4番・古澤春菜が夜空に高々と舞い上がる右越三塁打。チームを引っ張る「キャプテン」の一打で先制のチャンスをつかむと、この試合「5番・DP」に起用されていた峰幸代がしぶとく三遊間を破るタイムリー! 「ベテラン」らしく、しぶとくも味のある働きを見せ、レッドテリアーズが待望の先取点を挙げた。

(※レッドテリアーズは4回裏、「ベテラン」峰幸代のタイムリーで先取点を挙げる!)

 1点を追うサンディーバは6回表、一死から2番・那須千春の三遊間安打、3番・鈴木鮎美の死球で一・二塁とし、4番・ケイラニ・リケッツのセカンドゴロの間に、それぞれ走者が二・三塁に進塁。「一打逆転」のチャンスを迎えたが……5番・山口みどりがキャッチャーファウルフライに倒れ(記録は守備妨害。打者がファウルフライを捕球しようとしたキャッチャーの守備を妨害したとして球審が「守備妨害」を宣告していた)、無得点に終わってしまった。

(※1点を追うサンディーバは6回表、二死二・三塁の「一打逆転」のチャンスを作ったが……)

 このピンチを脱したレッドテリアーズはその裏、安打、敵失、盗塁等で一死二・三塁とし、4番・古澤春菜がレフト前に「執念」で落とすタイムリーを放ち、貴重な2点目。なお続く一死一・三塁のピンチで代わった坂本実桜が「痛恨」のイリーガルピッチ(いったん「セット」に入り、それを解いてしまった)を宣告され、ダメ押しともいうべき3点目が入ってしまった。

 守っては、先発・三輪さくらがベンチの「信頼」に応え、「魂」のこもったピッチングで6回を被安打3・無失点に抑え、大事な試合の「先発」の役割をしっかり果たし、最後は「期待の大型左腕」後藤希友が1イニングをしっかりと三者凡退に抑え、3-0で快勝! 「ホーム」でのナイトゲーム、3連戦の初戦に応援に駆けつけたレッドテリアーズファンを喜ばせた。
 
 勝ったレッドテリアーズは4勝3敗。勝ち星を一つ先行させ、敗れたサンディーバも同じく4勝3敗。「貯金」は1となり、大混戦の渦に飲み込まれる形となった。

1873
2021
4
23
04
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc