1部リーグ 第4節 20210423日()太陽誘電 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】サラ・パウリー
敗戦投手【太陽誘電】尾崎望良
打撃成績 【ミナモ】《本》田島萌愛《二》二見亜希
【太陽誘電】《三》須田真琴
バッテリー
ミナモ○サラ・パウリー-長井美侑
太陽誘電●尾崎望良、山口美紀-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節太田大会・第1日は、夕方18時30分プレイボールの “ナイトゲーム” 1試合を実施。前節(第3節)地元・高崎大会を1勝1敗で終え、開幕戦勝利の後の「4連敗」は何とかストップさせたものの、ここまで通算成績2勝4敗(同率9位)と苦しい戦いが続く太陽誘電 ソルフィーユ、また、こちらも前節終了時点で通算成績2勝4敗(同率9位)、黒星が二つ先行する状況ながらビックカメラ高崎 BEE QUEEN、トヨタ自動車 レッドテリアーズの2強を撃破する「大金星」を挙げ、今後の戦いが「注目」される大垣 ミナモが対戦した。
 
 試合は大垣 ミナモがサラ・パウリー、ソルフィーユが尾崎望良を先発投手に起用し、スタート。
 
 先攻の大垣 ミナモは初回、1番・田島萌愛がフルカウントとなった後、粘った8球目をジャストミート! ライトスタンドへ「豪快」な先頭打者ホームランを叩き込み、いきなり1点を先取した。

(※大垣 ミナモの1番・田島萌愛がいきなり「豪快」な先頭打者ホームラン! ソルフィーユ・尾崎望良に強烈な先制パンチを浴びせる !! )

 大垣 ミナモは1点をリードしたまま迎えた5回表にも、ソルフィーユ・尾崎望良の制球の乱れに乗じて一死二・三塁の好機を得ると、2番・長井美侑はピッチャーゴロに打ち取られたかと思われたが……打球を処理したソルフィーユ・尾崎望良が一塁へ痛恨の悪送球。ボールが外野へ転々とする間に一気に二者が還り、2点を加え、なお一死三塁と続くチャンスで3番・須藤麻里子がセンター前にタイムリー。この後も相手守備の乱れで追加点を挙げ、一挙4点を奪い、リードを5点に広げた。

 守っては、必勝を期して先発した「エース」サラ・パウリーがソルフィーユ打線を3安打に抑え込む好投。速球だけでなく、緩急を織り交ぜた「ベテランならでは」の「味のあるピッチング」で完封勝利を飾り、今節3連戦の初戦をモノにした。
 
 一方、ソルフィーユは満を持して先発登板した尾崎望良が初回にいきなり先頭打者ホームランを浴びて失点。その後も自らのエラーで追加点を献上してしまう等、試合を作ることができず……。頼みの打線も大垣 ミナモ サラ・パウリーから得点を奪えぬまま、0-5の完敗を喫し、今節黒星スタート(通算成績2勝5敗)となった。

1871
2021
4
23
04
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc