1部リーグ 第3節 20210418日()豊田自動織機 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】阿南恵子
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【日本精工】《二》黒木美佳
【豊田織機】《三》須藤志歩《二》須藤志歩、大平あい
バッテリー
日本精工●山田玲菜、八木里菜-重石華子、桑畑詩乃
豊田織機秋元菜穂、○阿南恵子-椛山奈々、福重さくら

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 大会初日(4月17日/土)が悪天候に見舞われ、中止・順延を余儀なくされた「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節刈谷大会は、この日(第2日:4月18日/日)は時折降る雨、強風と季節外れの寒さに悩まされながらも試合を実施。第2試合は「大混戦」の状態を抜け出すべく、「ホーム」で連勝を狙う豊田自動織機 シャイニングベガと、開幕から未だ勝ち星なしの4連敗、早く「1勝」を挙げ、チーム立て直しのキッカケをつかみたい日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 先攻のBrave Beariesは初回、シャイニングベガの先発・秋元菜穂の立ち上がりを攻め、1番・黒木美佳がいきなりの右中間二塁打。犠打で走者を三塁へ進め、3番・沢柚妃の二遊間を抜くタイムリーで1点を先制した。

(※先攻のBraveBeariesは初回、沢柚妃のタイムリーで先取点を挙げた)

 シャイニングベガもその裏、すぐに反撃。Brave Bearies・先発の山田玲菜から2番・須藤志歩が左中間フェンスを直撃する二塁打。3番・金江爽友の三遊間深くに転がす内野安打で一死一・二塁とし、二死後、5番・チェルシー・グッドエーカーのセンター前へのタイムリーで二塁走者が還り、1-1の同点に追いついた。
 試合を振り出しに戻したシャイニングベガは続く2回裏、死球、安打等で二死ながら一・二塁とすると、2番・須藤志歩の走者一掃のタイムリースリーベースで2点を勝ち越し。さらに3連続死球の押し出しで1点を加え、6番・大平あいがレフト頭上を越す二塁打。満塁の走者を一掃し、この回大量6点を挙げた。

(※シャイニングベガは2回裏、一挙6点を奪う猛攻で7-1と大きくリードを奪う!)

 Brave Beariesは3回表、7番・田中瑠莉のタイムリーで1点を返したものの、4回から代わった阿南恵子に要所を締められ、相手を上回る二桁10安打を放ちながら4回以降は追加点を奪えず、2-7の大差で敗れ、開幕から勝ち星なしの5連敗となってしまった。

 勝ったシャイニングベガは3勝2敗。初回に先手を許す苦しい試合展開となったが、その裏すぐに追いつき、2回裏に打者10人を贈る猛攻。4死球で走者を溜めては長打で還す、という効率の良い攻撃で大量6点を奪い、終わってみれば7-2で大勝。「ホーム」で上位戦線に踏み止まる3勝目を挙げた。

1870
2021
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc