1部リーグ 第3節 20210418日()日立 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】ケイラニ・リケッツ
敗戦投手【戸田中央】廣瀬夏季
打撃成績 【戸田中央】 
【日立】《二》高瀬沙羅、坂本結愛
バッテリー
戸田中央●廣瀬夏季-鬼澤麻純
日立坂本実桜、○ケイラニ・リケッツ-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節茅ヶ崎大会・第2日第2試合は、今節初戦でデンソー ブライトペガサスに0-2で敗れ、通算成績3勝2敗。「ホーム」での連敗は避けたい日立 サンディーバと、「優勝争いの常連」トヨタ自動車 レッドテリアーズを相手に2-0と快勝し、通算成績4勝1敗。試合数に差異(刈谷大会・高崎大会は第1日(4月17日/土)の試合が中止。予備日(4月19日/月)に順延)はあるものの、「暫定」ながら「単独首位」に立った戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 初回、サンディーバは守備につくと同時にDPのケイラニ・リケッツがピッチャーの守備を兼務し、「実質的な先発投手」として登板。見逃し三振、ピッチャーゴロ、セカンドフライに打ち取り、三者凡退の滑り出しを見せた。
 
 メディックスの先発は廣瀬夏季。「首位躍進」を支えてきた「エース」ジョーダン・テーラーに無理をさせず、「連投」を回避。先発に起用された廣瀬夏季はその立ち上がり、ヒットと四球で走者を出し、一死一・二塁のピンチを招いたものの、4番・ケイラニ・リケッツのファーストライナーがダブルプレーとなり、ピンチを脱出。味方の好守にも助けられ、何とか無失点で試合をスタートさせた。
 
 両チーム得点のないまま、迎えた3回表、メディックスは二死から、9番・田中江理奈が巧みなスラップでレフト前に落とす安打で出塁。続く1番・江口未来子の死球で一・二塁とすると、2番・堤加菜子がしぶとく二遊間を抜くタイムリーを放ち、二塁走者が生還! この試合も移籍・加入した「新戦力」の活躍で先取点を挙げた。

(※メディックスが3回表、DP・堤加菜子のタイムリーで1点を先制!)
 
 1点を先制されたサンディーバはその裏、この回先頭の9番・松岡くるみがバント安打で出塁。続く1番・坂本結愛の二遊間安打で一・二塁とし、2番・那須千春が犠打で手堅く走者を進め、二・三塁と攻め立てると、二死後、4番・ケイラニ・リケッツのセンター前タイムリーで三塁走者が生還。さらにセンターからのバックホームの送球が逸れ、二塁走者もホームイン! 2-1と試合をひっくり返した。

(※先制を許したサンディーバは3回裏に反撃! 「投打の大黒柱」ケイラニ・リケッツのタイムリー等で逆転に成功!)
 
 先制したのも束の間、逆に1点を追う立場となったメディックスも懸命の反撃を試みるが、6回表、7回表に安打の走者を出すものの、いずれも散発。得点に結びつけることができず、1点差で惜敗。痛い星を落としてしまった。
 
 敗れたメディックスは3回表に先制したものの、その裏、すぐに逆転を許し、4回以降はサンディーバの「エース」ケイラニ・リケッツに抑え込まれ、追加点を挙げることができないまま、試合終了。開幕初戦を落とした後、続いていた連勝も「4」でストップ。今節1勝1敗で通算成績4勝2敗となり、「首位」陥落。「同率2位」に順位を下げ、首位争いから一歩後退する形となった。
 
 勝ったサンディーバも今節1勝1敗。打っては「4番」、投げては「エース」のケイラニ・リケッツが投打に大車輪の活躍。「ホーム」での「連敗」を免れ、嬉しい1勝を挙げ、同じく通算成績4勝2敗とし、暫定ながら「同率2位」の好位置につけた。

1868
2021
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc