1部リーグ 第3節 20210418日()デンソー VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】カーリー・フーバー
敗戦投手【トヨタ】後藤希友
打撃成績 【トヨタ】《三》石野江里佳《二》峰幸代
【デンソー】《二》小島あみ、洲鎌夏子
バッテリー
トヨタ●後藤希友、モニカ・アボット-切石結女、深沢未花
デンソー○カーリー・フーバー-小島あみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節茅ヶ崎大会・第2日第1試合は、今節初戦の日立 サンディーバ戦に2-0で快勝。通算成績3勝2敗のデンソー ブライトペガサスと、戸田中央総合病院 メディックス戦に0-2の完封負けを喫し、首位争いから一歩後退。同じく通算成績3勝2敗のトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。
 
 ブライトペガサスは「エース」カーリー・フーバー、レッドテリアーズは「期待の大型左腕」後藤希友を先発に立て試合がはじまり、両投手の好投で緊迫した投手戦となった。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた5回裏、ブライトペガサスはこの回先頭の6番・小島あみがレフトオーバーのツーベースヒットで出塁。次打者のピッチャーゴロの間に三塁へ進み、一死三塁とチャンスを広げると、ここでレッドテリアーズが動き、ピッチャーを交代。「絶対的エース」モニカ・アボットを投入したが、8番・釼持祐衣の打席でワンボールからの2球目にスクイズを敢行! ピッチャー前に上手く転がし、三塁走者がホームイン(記録はフィルダースチョイス)。1点を先制し、一塁に走者が残る形となり、さらに代打・吉松梨乃のサードゴロが相手のエラーを誘い、一死一・二塁。続く1番・洲鎌夏子が左中間にタイムリーツーベースを放ち、二者が生還。この回3点先制した。

(※ブライトペガサスは5回裏、釼持祐衣のスクイズと洲鎌夏子のタイムリーツーベース等で3点を先制!)
 
 一方、レッドテリアーズは、初回の二死満塁にはじまり、2回表の無死三塁、4回表の無死二塁と再三チャンスを作りながら、ブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーに要所を締められ、「決定打」を奪えないまま、完封負け。今節手痛い「連敗」を喫し、通算成績3勝3敗の勝率5割、「貯金」をすべて吐き出してしまった。
 
 勝ったブライトペガサスは、今節連勝。「自慢」のカーリー・フーバー、メーガン・グッドの「外国人投手二枚看板」がしっかりと機能し、上位争いの「ライバル」たちを「直接対決」で叩き、通算成績4勝2敗と星を伸ばし、「暫定」(4月17日(土)、高崎大会、刈谷大会が雨天順延となり、消化試合数に差異が生じたため)ながら「同率2位」に順位を上げてきた。

1867
2021
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc