1部リーグ 第3節 20210418日()大垣 ミナモ VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【ミナモ】サラ・パウリー
打撃成績 【伊予銀行】《本》飯田瑞稀、安川裕美《二》正木朝貴
【ミナモ】《二》阿部里奈、リサ・モールデン
バッテリー
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美
ミナモ●サラ・パウリー-長井美侑、田立梨子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 大会初日(4月17日/土)があいにくの雨となり、予備日(4月19日/月)に中止・順延された「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節高崎大会は、この日(第2日:4月18日/日)は天候も回復。試合を実施することができた。
 第1試合は、「ホーム」開催の第2節で「優勝争いの常連」トヨタ自動車 レッドテリアーズに1-0の完封勝ち。嬉しい今シーズン初勝利を挙げ、通算成績1勝3敗とした大垣 ミナモと、ここまで2勝2敗の勝率5割、上位争いに割り込んでいくために、ここからさらに「白星」を積み重ねていきたい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 両チーム無得点で迎えた4回表、VERTZは3回までわずか1安打に抑えられていた大垣 ミナモの先発・サラ・パウリーをとらえ、この回先頭の3番・飯田瑞稀がレフト頭上を越える先制のソロホームラン! 待望の先取点を挙げると、二死後、四球で出塁した走者を一塁に置き、7番・安川裕美にもツーランホームランが飛び出し、VERTZがこの回3点を先制した。

(※VERTZは4回表、飯田瑞稀、安川裕美の本塁打で3点を先制!)

 一方、大垣 ミナモはVERTZの先発・黒木美紀を攻め切れず、初回の二死満塁の先制のチャンスを逃すと、2回裏、3回裏、5回裏にも得点圏に走者を進めたものの、「あと一本」が出ず、完封負け。0-3で敗れ、通算成績1勝4敗となってしまった。開幕から5試合でわずか2得点。第2節終了時点のチーム打率が1割6厘といずれも12チーム中「最下位」と深刻な打撃不振と得点力不足に陥っている。何とか「打線の奮起」に期待したいところだが……。

 勝ったVERTZは3勝2敗。昨シーズン3勝を挙げ、チーム「過去最上位」の7位躍進の「立役者」となった黒木美紀が前節(第2節)「ホーム」での日本精工戦(1失点完投)に続き、見事な完封で2勝目。チームも3勝目を挙げ、通算成績3勝2敗とし、昨シーズンに続き、決勝トーナメント進出争いに絡んできそうな勢いだ。

1865
2021
4
18
04
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc