1部リーグ 第3節 20210419日()豊田自動織機 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《本》杉本梨緒《二》渡邉瑞貴
【豊田織機】《本》大平あい、中川彩音
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード-棚町佳奈
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 大会初日(4月17日/土)に予定された試合が悪天候のため、予備日(4月19日/月)に順延された「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節刈谷大会の第2試合は、ここまで3勝2敗、「ホーム」刈谷で「連勝」し、さらに順位を上げたい豊田自動織機 シャイニングベガと、同じく通算成績3勝2敗、上位戦線「生き残り」をかけ、この試合は「絶対に負けられない」と意気込むHonda Revertaが対戦した。

 シャイニングベガがダラス・エスコベド、Revertaがジェイリン・フォード、両チーム「エース」を先発に立ててはじまった試合は、序盤こそ静かな滑り出しを見せたものの、3回裏に試合が動いた。

 シャイニングベガは3回裏、ここまで一人の走者も出せず「パーフェクト」に抑えられていたジェイリン・フォードから、この回先頭の7番・大平あいがライトスタンドへ先制のソロホームラン! 「チーム初安打」が貴重な先制弾となり、「ホーム」のシャイニングベガが先手を取った。

 1点を先制されたRevertaはその直後の4回表、こちらもこの回先頭の7番・杉本梨緒が「お返し!」とばかりにセンター頭上をライナー越える同点のソロホームラン!! Reverta「自慢」の「パワフル打線」が撃ち合いなら「望むところ」とばかりに「本塁打の応酬」で1-1の同点に追いついた。

(※Revertaは4回表、杉本梨緒が同点ホームランを放ち、試合を振り出しに戻す)

 1-1の同点に追いつかれたシャイニングベガは5回裏、この回先頭の6番・金江爽友が「絶妙」のバントヒットで出塁。続く7番・大平あいが四球を選び、無死一・二塁とチャンスを広げると、一死後、9番・佐藤友香のバントも内野安打となり、満塁。二死後、2番・須藤志歩が詰まりながらも右中間に落とすタイムリーで二者が還り、2点を勝ち越し。この一打で気落ちしたか、ジェイリン・フォードの無造作に投じた「初球」を3番・中川彩音が逃すことなく強振! 打球はライトスタンドへ飛び込む「トドメ」のスリーランホームランとなり、この回大量5点を挙げ、勝利を決定づけた。

(※シャイニングベガは5回裏、須藤志歩のタイムリー、中川彩音のスリーラン等で大量5点を勝ち越し!)

 守っては、「エース」ダラス・エスコベドが4回表に「一発」を浴び、1点を失ったものの、5回以降は立ち直り、Reverta打線に追加点を許さず、6-1で大勝! 「ホーム」で連勝を飾り、通算成績4勝2敗と星を伸ばし、高崎大会第2試合で「単独首位」を走っていたビックカメラ高崎 BEE QUEENが大垣 ミナモに敗れたこともあり、5チーム並びながら「同率首位」に躍進した。

 敗れたRevertaは3勝3敗。「左のエース」ジェイリン・フォードが先制弾を浴び、一度は追いついたものの、「勝負どころ」で大量5失点。昨シーズンの「最優秀防御率賞」を獲得した好投手が6失点と期待を裏切り、3敗目。勝率5割、3チーム並びの「同率6位」に順位を落としてしまった。

1864
2021
4
19
04
19
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc