1部リーグ 第3節 20210419日()シオノギ製薬 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日本精工】中村美樹
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【日本精工】《本》高原侑里《三》田中瑠莉《二》沢柚妃
【シオノギ】 
バッテリー
日本精工○中村美樹-桑畑詩乃
シオノギ吉井朝香、●千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 大会初日(4月17日/土)が悪天候に見舞われ、試合中止を余儀なくされ、予備日(第3日:4月19日/月)に順延された「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節刈谷大会は、第1試合で通算成績2勝3敗、この試合に勝って「勝率5割」に戻し、上位争いに踏み止まりたいシオノギ製薬 ポポンギャルズと、開幕から勝ち星なしの5連敗。早く「1勝」を挙げ、出口の見えない「連敗」のトンネルから抜け出したい日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 Brave Beariesは2回表、ポポンギャルズ・先発の吉井朝香から、この回先頭の4番・高原侑里がライトスタンドへ運ぶ、先制のソロホームラン! 先手を取ると、5回表には一死から1番・黒木美佳が四球で出塁し、二死後、3番・沢柚妃の左中間への二塁打で二・三塁とチャンスを広げ、連続四球で押し出し。労せずして追加点を挙げ、2点差にリードを広げた。

 2点をリードされたポポンギャルズは6回裏、1番・小林美沙紀、代打・氏丸陽南、3番・谷本奈々の3連打で満塁とすると、4番・戸村美紅のライト前へのタイムリーで1点を返し、5番・比護奈保子が押し出しの四球を選び、同点。なお無死満塁のチャンスが続いたが、6番・佐竹紫乃がファーストフライ(インフィールドフライ)、7番・白石穂花のサードゴロが5-2-3とわたる「最悪」のホームゲッツーとなり、「逆転」の絶好のチャンスを逃してしまった。

(※ポポンギャルズは6回裏、2-2の同点に追いつき、なお無死満塁と攻め立てたが……)

 試合は2-2の同点のまま、延長タイブレークに入り、Brave Beariesは8回表、5回からポポンギャルズの2番手として登板していた左腕・千葉咲実をとらえ、タイブレークの走者を二塁に置き、四球、ファーストゴロで一死二・三塁とし、6番・須藤祐美の打席でワンボール・ワンストライクからの3球目、スクイズを仕掛けたが、これは本塁タッチアウト。チャンスを逃したかに見えたが……7番・田中瑠莉がライト頭上を越える走者一掃の三塁打。2点を勝ち越し、さらに続く8番・桑畑詩乃が三塁線を鋭く襲う打球を放ち、一塁へ「執念」のヘッドスライディング。この「気迫」が実を結び、これが内野安打となり、三塁走者を迎え入れ、この回3点目を挙げ、勝利を決定づけた。

(※1-1の同点のまま、延長タイブレークに入った8回表、Brave Beariesは3点を勝ち越し、勝利を決定づけた)

 ポポンギャルズも最後まで粘り、その裏、二死三塁から4番・戸村美紅がこの試合2本目となるタイムリーを放ち、1点を返したものの、反撃もここまで。最後の打者がライトフライに打ち取られ、万事休す。BraveBeariesが5-3で逃げ切り、開幕からの連敗を「5」でストップ。嬉しい今シーズン初勝利を挙げた。

 敗れたポポンギャルズは2勝4敗。今節手痛い連敗で黒星先行。まだまだ混戦状態にあるとはいえ、「同率9位」まで順位を落とし、第4節を迎えることになった。

1863
2021
4
19
04
19
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc