1部リーグ 第3節 20210417日()日立 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】メーガン・グッド
敗戦投手【日立】田内愛絵里
打撃成績 【デンソー】《本》小島あみ
【日立】《二》鈴木鮎美
バッテリー
デンソーカーリー・フーバー、○メーガン・グッド-小島あみ
日立●田内愛絵里、坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節茅ヶ崎大会・第1日第2試合は、開幕初戦のHonda Reverta戦こそ落としたものの、その後3連勝。3勝1敗の日立 サンディーバと、開幕連勝の好スタートを切ったものの前節「ホーム」で手痛い「連敗」。2勝2敗のデンソー ブライトペガサスが対戦した。

 サンディーバの先発は左腕・田内愛絵里。開幕2戦目の日本精工 Brave Bearies戦で最少得点差を守り切り、1-0の完封勝利を挙げている移籍・加入の「新戦力」が先発。初回、ブライトペガサスの攻撃を三者凡退に斬って取り、無失点の滑り出しを見せた。

 ブライトペガサスはその裏、守備につくと同時に「DP・4番」に起用されたメーガン・グッドが「FP・ピッチャー」のカーリー・フーバーの守備を兼務。「実質的な先発投手」として登板。こちらも四球を一つ与えたものの、無失点に抑え、試合をスタートさせた。

 試合はその後も両投手の投げ合いとなり、両チーム得点を挙げることのできないまま、迎えた5回表、4回までサンディーバの先発・田内愛絵里の前に一人の走者も出せず、「パーフェクト」に抑えられていたブライトペガサスは、この回先頭の4番・メーガン・グッドが「力」で運ぶレフト前ヒット。ようやく「チーム初安打」を放ち、走者を出すと、続く5番・洲鎌夏子の犠打で二塁に進み、二死後、7番・小島あみが初球から積極果敢に打って出ると、打球はライトの頭上を越え、スタンドに飛び込むツーランホームランとなり、ブライトペガサスが「伏兵」の一振りで2点を先制した。

(※ブライトペガサスは5回表、7番・小島あみが先制のツーランホームランを放つ!)

 2点を追うサンディーバも必死の反撃を試みるが、5回裏、6回裏と先頭打者が安打を放ったが、走塁ミスや併殺でチャンスを潰し、得点に結びつけることができず……最終回も二死から6番・清原奈侑がライト前ヒットを放ったものの、最後の打者がレフトフライに打ち取られ、万事休す。第2節終了時点でチーム打率2割9分5厘と12チーム中「ダントツ」の成績を残し、猛威を振るってきた強力打線が散発4安打に抑え込まれ、0-2の完封負け。通算成績3勝2敗となり、「ホーム」での初戦を落とし、「首位争い」から一歩後退した。

 勝ったブライトペガサスは「実質的な先発投手」となったメーガン・グッドが好投。「打線好調」のサンディーバを相手に被安打4・奪三振6と完全に抑え込み、「伏兵」小島あみの「値千金」のツーランホームランで2-0と快勝! 通算成績3勝2敗で白星を先行させ、連敗を「2」で止め、嫌な流れを断ち切り、上位争いに踏み止まった。

1862
2021
4
17
04
17
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc