1部リーグ 第2節 20210411日()日本精工 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【日本精工】中村美樹
打撃成績 【伊予銀行】《二》松成あゆみ、安川裕美
【日本精工】《二》松本由佳
バッテリー
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美
日本精工●中村美樹、山田玲菜-重石華子、桑畑詩乃

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節松山大会・第2日第2試合は、ここまで開幕3連敗。早く「今シーズン初勝利」がほしい日本精工 Brave Beariesと、開幕初戦の勝利の後、連敗を喫し、通算成績1勝2敗。「ホーム」で何としても1勝を挙げ、上位浮上のキッカケをつかみたい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 VERTZは2回表、Brave Beariesの先発・中村美樹をとらえ、この回先頭の6番・佐々木彩葉がエンター前ヒットを放ち、「猛攻」の口火を切ると、続く7番・安川裕美が左中間を破るタイムリーツーベース。あっさり先取点を挙げ、さらにワイルドピッチで二塁走者が三塁へ進み、8番・本間紀帆がレフトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。2点目を挙げ、続く9番・浅石彩菜、1番・樋口菜美の連打に相手守備の乱れが絡み、3点目。三塁に走者が残り、二死後、3番・川口茉菜のショートゴロがエラーを誘い、4点目。この回大量4点を挙げた。

(※VERTZは2回表、4長短打に相手守備の乱れが絡み、大量4点を先取!)

 これで勢いづいたVERTZは3回表にも2四球と安打等で二死満塁とし、1番・樋口菜美、2番・松成あゆみの連打で3点を追加。7-0と大差をつけると、続く4回表にも2本の安打とフィルダースチョイスで無死満塁とし、7番・安川裕美の一・二塁間を破るタイムリーで8点目。一方的な試合展開となった。

 守っては、先発・黒木美紀が6回裏に1点を失ったものの、大量援護にも守られ、テンポの良いピッチングで完投。「ホーム」で嬉しい1勝を挙げ、通算成績を2勝2敗とし、勝率5割に戻した。

 一方、Brave Beariesは6回裏に松本由佳のタイムリーツーベースで1点を返したものの、完封を免れるのが精一杯。この試合も投手陣が早々につかまってしまい、14安打を浴び、8失点。勝ち星なしの開幕4連敗と苦しい状況が続いている。

1858
2021
4
11
04
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc