1部リーグ 第2節 20210411日()デンソー VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【デンソー】原奈々
打撃成績 【豊田織機】《三》大平あい、中川彩音
【デンソー】 
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
デンソー●原奈々、カーリー・フーバー-小島あみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節安城大会・第2日第2試合は、前日(4月10日/土)のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦で初回に3点を先制しながら3-4の逆転負け。今シーズン初黒星を喫し、「ホーム」での連敗だけは避けたいデンソー ブライトペガサスと、戸田中央総合病院 メディックスにサヨナラ負け。通算成績1勝2敗と苦しい状況となった豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 ブライトペガサスは原奈々、シャイニングベガは「エース」ダラス・エスコベドを先発に立て、試合が始まり、シャイニングベガは2回表、一死から5番・金江爽友がレフト前ヒットで出塁すると、続く6番・大平あいが右中間へタイムリースリーベースを放ち、1点を先制した。

(※シャイニングベガが2回表、金江爽友、大平あいの長短打で先取点を挙げた)
 
 シャイニングベガが1点をリードしたまま、迎えた5回表、3回途中から登板したブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーをとらえ、二死から2番・須藤志歩がレフト前ヒットで出塁し、3番・チェルシー・グッドエーカーの四球で一・二塁とすると、続く4番・中川彩音のライト線を鋭く抜くタイムリースリーベースで走者を一掃。2点を追加し、続く5番・金江爽友にもタイムリーが飛び出し、三塁走者を迎え入れ、この回3点を追加し、4-0とリードを広げた。
 
 4点をリードされ迎えた6回裏、ブライトペガサスはこの回先頭の1番・洲鎌夏子、2番・吉田彩夏、3番・山田恵里の3連打で満塁と攻め立てると、4番・川畑瞳の死球で押し出し。二死後、7番・佐野由貴美の三遊間を破るタイムリーで二者が還り、1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。8番・吉松梨乃はショートへのハーフライナーに打ち取られ、同点に追いつくことはできなかった。

(※ブライトペガサスは6回裏、3点を返し、1点差に迫ったが……)
 
 勝ったシャイニングベガは序盤に先制、中盤に中押しと理想的な試合展開。そのまま逃げ切るかと思われたが、「エース」ダラス・エスコベドが6回裏にブライトペガサス打線の反撃を受け、終わってみれば4-3で薄氷の勝利。今節1勝1敗で通算成績2勝2敗とし、勝率5割に戻した。
 
 敗れたブライトペガサスも2勝2敗。開幕連勝の後、連敗で早くも「貯金」を吐き出してしまった。この試合でも、試合終盤、一気に攻め立て、反撃したが……「あと一本」が出ず、いずれも1点差に泣き、「ホーム」で無念の連敗。2勝2敗の「五分の星」から「再出発」「仕切り直し」となってしまった。

1854
2021
4
11
04
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc