1部リーグ 第2節 20210411日()戸田中央総合病院 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【シオノギ】《本》宇野有加里
【戸田中央】《本》數原顕子
バッテリー
シオノギ●千葉咲実、吉井朝香-宇野有加里、竹林綾香
戸田中央○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節安城大会・第2日第1試合は、前日(4月10日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦で延長タイブレークにもつれ込む「死闘」を制し、通算成績2勝1敗とした戸田中央総合病院 メディックスと、「開幕連勝」のデンソー ブライトペガサスに4-3で競り勝ち、同じく2勝1敗としたシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 ポポンギャルズは2回表、メディックス・先発のジョーダン・テーラーから、この回先頭の5番・佐竹紫乃が四球を選び、出塁すると、次打者の2球目にディレードスチール気味に二塁を陥れ、一死後、7番・宇野有加里がスリーボール・ワンストライクからの5球目を強振! ストライクを取りに来た甘いボールを逃すことなくとらえ、レフトスタンドに運ぶツーランホームランを放ち、ポポンギャルズが2点を先制した。

(※ポポンギャルズが2回表、宇野有加里の豪快な「一発」で2点を先制!)
 
 2点を先制されたメディックスは4回裏、ここまで無得点に抑えられていたポポンギャルズの先発「左腕」千葉咲実をとらえ、この回先頭の4番・數原顕子がワンボールからの2球目をジャストミート! センターオーバーのソロホームランを放ち、1点差に詰め寄った。
 
 その直後の5回表、「エース」ジョーダン・テーラーが日本リーグ「通算500奪三振」を記録。「エース」の記録達成のメモリアルゲームを「負け試合」にするわけにはいかないと打線が奮起。その裏、この回先頭の8番・有吉なつきが三遊間安打で出塁。犠打で二塁に進み、1番・江口未来子のライト前タイムリーで2-2の同点に追いつき、なお続く一死三塁のチャンスで2番・堤加菜子に二者連続のタイムリーが飛び出し、3-2と逆転に成功した!

(メディックスは5回裏、移籍・加入の「新戦力」の活躍で逆転に成功!)
 
 敗れたポポンギャルズは、宇野有加里の「一発」で先制点こそ奪ったものの、終わってみれば、この試合わずか3安打。メディックスの「エース」ジョーダン・テーラーから追加点を奪えず逆転を許し、通算成績2勝2敗の勝率5割で第2節を終了した。
 
 勝ったメディックスは今節連勝。移籍・加入の數原顕子、江口未来子、堤加菜子の活躍もあって、「エース」ジョーダン・テーラーが日本リーグ「通算500奪三振」となるメモリアルゲームを白星で飾り、通算成績3勝1敗で「同率首位」に立った。

1853
2021
4
11
04
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc