1部リーグ 第2節 20210410日()トヨタ自動車 VS 大垣 ミナモ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】サラ・パウリー
敗戦投手【トヨタ】藤嶋涼菜
打撃成績 【ミナモ】《二》田島萌愛
【トヨタ】 
バッテリー
ミナモ金丸侑志帆、○サラ・パウリー-田立梨子、長井美侑
トヨタ●藤嶋涼菜、三輪さくら、後藤希友-切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節大垣大会・第1日第2試合は、開幕初戦は先手を許す苦しい試合展開となりながら、延長9回タイブレークの末、4-3のサヨナラ勝ち。続く第2戦も「キャプテン」古澤春菜のタイムリースリーベースで挙げた1点を三輪さくら、後藤希友とつなぐ投手リレーで守り切り、「最少得点差」1-0の完封。開幕「連勝」を飾ったトヨタ自動車 レッドテリアーズと、開幕初戦、最終回同点に追いつく「粘り」を見せながら、延長タイブレークにもつれ込む「熱戦」の末、惜しくも敗れ、第2戦は0-6で完敗。未だ勝ち星なく、「ホーム」で何としても「初勝利」を挙げるべく意気込む大垣 ミナモが対戦した。

 大垣 ミナモは2回表、レッドテリアーズの先発・藤嶋涼菜をとらえ、この回先頭の4番・田島萌愛が左中間を破る二塁打で出塁。続く5番・長井美侑もライト前ヒットで続き、一塁走者が三塁へ進塁。送球の間に打者走者も二塁へ進み、6番・内田小百合が一・二塁間を抜くタイムリー! 「ルーキー」が大きな仕事をやってのけ、大垣 ミナモに先取点がもたらされた。

(※大垣 ミナモは2回表、怒涛の三連続長短打で1点を先制!)

 その裏、先発・金丸侑志帆がこの回の先頭打者をショートゴロエラーで出塁させると、すぐに大垣 ミナモベンチが動き、早くも「エース」サラ・パウリーを投入。犠打で得点圏に走者を進められたものの、後続を連続三振に斬って取り、ピンチを脱出。1点のリードを保った。

 1点を追うレッドテリアーズは5回裏、6回裏に二死一・二塁と「一打同点」「長打が出れば逆転」の好機を作るが「あと一本」が出ず……。最終回も一死から代打・深沢未花がライト線への安打を放ち、出塁したが、後続がショートゴロ(二塁フォースアウト)、セカンドライナーに倒れ、万事休す。3年ぶりに「1部リーグ復帰」を果たした大垣 ミナモに「大金星」を献上してしまった。

(※1点を追う最終回、レッドテリアーズも懸命の反撃を試みるが……)

 勝った大垣 ミナモは「ホーム」で嬉しい今シーズン初勝利! 優勝争いの「常連」を倒しての「1勝」だけに、この「価値ある勝利」をステップにしてさらに白星を積み上げていきたいところだ。

 敗れたレッドテリアーズは今シーズン初黒星。日本精工 Brave Beariesから移籍・加入した藤嶋涼菜を先発に起用したことが結果的には「裏目」となり、今シーズンエンジンのかかりが遅い打線もこの試合では最後まで「不発」に終わる等、長崎望未(現役引退)、鈴木鮎美(日立 サンディーバへ移籍)、堤加菜子(戸田中央総合病院 メディックスへ移籍)が抜けた打線の「不安材料」が露呈した感もある。この「手痛い一敗」からどうチームを立て直すか、「常勝チーム」の意地とプライドにかけて……このままズルズルと後退していくことだけは許されない!!

1850
2021
4
10
04
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc