1部リーグ 第2節 20210410日()太陽誘電 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】坂本実桜
敗戦投手【太陽誘電】尾崎望良
打撃成績 【日立】《本》高瀬沙羅、坂本結愛《二》鈴木鮎美
【太陽誘電】《二》木下華恋
バッテリー
日立○坂本実桜-清原奈侑
太陽誘電●尾崎望良、山口美紀-佐藤みなみ、西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節大垣大会・第1日第1試合は、第1節では開幕初戦は打線が10安打・8得点と爆発! 8-2で白星スタートを切ったものの、続く第2戦は0-5の完封負け。1勝1敗の太陽誘電 ソルフィーユと、開幕初戦、最終回まで4点をリードしながら「まさか……」の大逆転負け。続く第2戦は移籍・加入の「新戦力」鈴木鮎美の「値千金」のソロホームランで1-0の完封勝利を収め、同じく1勝1敗の日立 サンディーバが対戦した。

 両チーム無得点で迎えた3回表、サンディーバはソルフィーユの先発・尾崎望良を攻め立て、一死から安打、フィルダースチョイス、四球で満塁とし、4番・ケイラニ・リケッツのライト前に「力」で落とすタイムリー、5番・山口みどりのレフトファウルグラウンドへの犠牲フライ、6番・清原奈侑の三遊間タイムリーで3点を先取。さらに7番・高瀬沙羅にスリーランホームランが飛び出し、この回大量6点を挙げ、勝負を決めてしまった。

(※サンディーバは3回表、高瀬沙羅のスリーラン等で一挙6点を先制!)

 勢いに乗るサンディーバは続く4回表にも、代わった山口美紀を攻め、四球、犠打等で二死二塁とし、3番・鈴木鮎美のレフトオーバーのタイムリーツーベースで1点を追加。さらに6回表には、1番・坂本結愛が左中間に突き刺すトドメのソロホームラン! 今シーズン、移籍・加入した「新戦力」の活躍で8-0と一方的な試合展開となった。

 守っては、先発・坂本実桜が打線の大量援護にも守られ、被安打3の完封! 最後までソルフィーユ打線に得点を許さず、今シーズン初勝利を挙げ、チームも2勝1敗と白星を先行させた。

 一方、ソルフィーユは開幕初戦を大勝した後、一転して大差のゲームで連敗。試合中盤までは拮抗した試合を展開するのだが、投手陣が踏ん張り切れず、そこから大量失点……という試合展開が続いている。投手陣の立て直しと打線の奮起、先取点を奪い、常に「先手」を取るような試合展開に持ち込めれば勝機も出てくるはず。何とかこの悪い流れを断ち切りきるためにも「勝利」がほしいところだ。

1849
2021
4
10
04
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc