1部リーグ 第2節 20210410日()デンソー VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】吉井朝香
敗戦投手【デンソー】メーガン・グッド
打撃成績 【シオノギ】《二》戸村美紅②
【デンソー】《本》洲鎌夏子《三》吉田彩夏《二》山田恵里、佐野由貴美
バッテリー
シオノギ千葉咲実、○吉井朝香-竹林綾香
デンソー●メーガン・グッド、カーリー・フーバー-吉松梨乃

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節安城大会・第1日第2試合は、開幕初戦の大垣 ミナモ戦に3-1、翌日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に5-0と快勝し、連勝スタートとなったデンソー ブライトペガサスと、開幕初戦のビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦では0-3で敗れたものの、翌日の伊予銀行 VERTZ戦には10-1で大勝したシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のブライトペガサスは初回、ポポンギャルズの先発・千葉咲実の立ち上がりを攻め、一死から2番・山田恵里がレフトへのツーベースで出塁すると、3番・吉田彩夏もレフト頭上を越える適時三塁打を放ち、あっという間に1点を先制。二死後、5番・洲鎌夏子にツーランホームランが飛び出し、この回3点を先制。開幕連勝の「勢い」をホーム開催の今節にも持ち込み、このまま突っ走るかと思われた。

(※ブライトペガサスは初回、3本の長打で3点を先制した!)
 
 3点をリードされたポポンギャルズは2回表、当たりの出てきた4番・戸村美紅が左中間へのツーベースヒットで出塁。初めて走者を背負ったブライトペガサスの先発・メーガン・グッドが突然制球を乱し、3連続四球で押し出し。労せずして1点を返すと、8番・白石穂花のレフトへの犠牲フライで2点目。1点差に詰め寄ると、9番・久保田莉依も四球で歩き、再び満塁とし、1番・谷本奈々は浅いライトフライ。この打球を処理したライト・佐野由貴美が捕球した後、送球体勢に移った時に落球。この隙を見逃さず、三塁走者が本塁生還(記録は犠牲フライではなく、ライトのエラー)。3-3の同点に追いついた。

(※ポポンギャルズは2回表、相手投手の制球難につけ込み、3-3の同点に追いつく!)  

 3-3の同点で迎えた5回表、ポポンギャルズはこの回先頭の1番・谷本奈々が二遊間安打で出塁。2番・小林美沙紀のピッチャーゴロの間に二塁に進み、3番・宇野有加里が見逃し三振に倒れ、二死となったが、ただ今「絶好調!」の4番・戸村美紅が右中間を破るタイムリーツーベースを放ち、4-3と勝ち越した。

(※ポポンギャルズは5回表、「キャプテン」戸村美紅のタイムリーで勝ち越し!)
 
 ブライトペガサスは、初回3点を先制し、「開幕連勝」の勢いを感じさせたが、3回からリリーフしたポポンギャルズの2番手・吉井朝香を打ちあぐみ、わずか2安打。先発・メーガン・グッドの制球難にもつけ込まれ、痛い逆転負け。「ホーム」での初戦で今シーズン初黒星を喫し、大垣大会の第2試合でトヨタ自動車 レッドテリアーズが大垣 ミナモに敗れたこともあり、開幕3戦目で早くも「全勝」チームが消えるという「大混戦」の様相を呈してきた。
 
 勝ったポポンギャルズは、先発の千葉咲実が初回にいきなり3点を失ったものの、3回から登板した吉井朝香がリズムの良いピッチングでブライトペガサス打線に追加点を許さず、大当たりの「頼れるキャプテン」戸村美紅の反撃の口火を切る二塁打、勝ち越しタイムリーの活躍もあり、4-3で鮮やかな逆転勝利! 通算成績2勝1敗とした。

1848
2021
4
10
04
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc