1部リーグ 第2節 20210410日()戸田中央総合病院 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【豊田織機】長谷川鈴夏
打撃成績 【豊田織機】 
【戸田中央】《二》加藤亜実
バッテリー
豊田織機●長谷川鈴夏-椛山奈々
戸田中央◯ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節安城大会・第1日第1試合は、開幕初戦の太陽誘電 ソルフィーユ戦で2-8と敗れ、黒星発進。翌日の大垣 ミナモ戦は6-0で快勝し、通算成績1勝1敗とした戸田中央総合病院 メディックスと、伊予銀行 VERTZを相手に初回に先制しながら試合終盤に逆転され、開幕黒星を喫したものの、ビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦では延長10回に及ぶ死闘を制し、大きな勝ち星を挙げ、同じく1勝1敗とした豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 試合はメディックスが「エース」ジョーダン・テーラーを先発に立て「必勝」を期したのに対し、シャイニングベガは「エース」ダラス・エスコベドを温存。大学時代に「インカレ連覇」を経験した「期待の左腕」、日本リーグ初登板の「ルーキー」長谷川鈴夏を先発に起用。両投手の投げ合いとなり、緊迫の投手戦を展開した。
 
 両チーム無得点のまま、迎えた5回裏、メディックスは一死から7番・加藤亜実がセンターオーバーのツーベースを放ち、出塁。次打者の内野ゴロの間に三塁に進むと、9番・田中江理奈がピッチャーのグラブをはじく強襲ヒット。三塁走者が還り、1点を先制した。
 
 1点を先制されたシャイニングベガは6回表、この回先頭の8番・椛山奈々のショートゴロがエラーを誘い、一塁に生きると、続く9番・大平あいがセンター前ヒットを放ち、無死一・二塁とチャンスを広げ、一死後、2番・須藤志歩の死球で満塁。ここで3番・竹中真海がライト前にタイムリーを放ち、三塁走者を迎え入れ、1-1の同点に追いついた。
 
 試合は1-1の同点のまま、両チーム一歩も譲らず、延長タイブレークへ突入。8回表、シャイニングベガはタイブレークの走者を二塁に置き、2番・須藤志歩の内野安打で無死一・三塁とすると、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とチャンスを広げ、4番・竹中真海の打席で、ツーストライクと追い込まれた3球目、ヒットエンドランを敢行! しかし……バットに当てることができず空振り三振。飛び出した三塁走者も三本間で挟まれタッチアウトとなり、「最悪」の三振ゲッツー。アッという間に二死となり、4番・中川彩音が四球、盗塁で再び二・三塁とチャンスを作り直したが、5番・金江爽友のセーフティーバントは間一髪アウト。得点なく攻撃を終えることになった。

(※シャイニングベガは無死二・三塁と攻め立てたが……三振ゲッツーが響き、無得点)
 
 メディックスはその裏、9番・田中江理奈の内野ゴロの間にタイブレークの走者が三塁へ進塁。ここでシャイニングベガベンチは1番・江口未来子と2番・堤加菜子を連続して故意四球で歩かせ、「満塁策」を選択したが、3番・上島紗羽がファウルで粘った末の10球目をレフト前へ運び、三塁走者が歓喜のホームイン! 劇的なサヨナラタイムリーで粘るシャイニングベガを振り切り、熱戦にピリオドを打った。

(※メディックスは延長8回裏、一死満塁から上島紗羽が劇的なサヨナラ安打を放つ!)
 
 勝ったメディックスは2勝1敗。シャイニングベガのルーキー・長谷川鈴夏を打ちあぐみ、先制したものの、同点に追いつかれる苦しい試合展開を強いられたが、最後は粘り勝ち! 決勝トーナメント進出の「常連」チームを相手に大きな「1勝」を挙げた
 
 敗れたシャイニングベガは1勝2敗。ルーキー・長谷川鈴夏は落ち着いたピッチングを見せ、1失点で粘り、打線の援護を待っていたが……頼みの打線がメディックスのエース・ジョーダン・テーラーを攻略できず、タイブレークでのツーナッシングからのヒットエンドラン失敗、三振ゲッツーが響き、痛い星を落とし、黒星先行となってしまった。

1847
2021
4
10
04
10
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc