1部リーグ 第1節 20210404日()大垣 ミナモ VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【ミナモ】サラ・パウリー
打撃成績 【戸田中央】《本》數原顕子《二》江口未来子
【ミナモ】 
バッテリー
戸田中央○ジョーダン・テーラー-鬼澤麻純
ミナモ●サラ・パウリー、内藤加菜、金丸侑志帆、中山日菜子、浅井茉琳-長井美侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節鹿児島大会・第2日第2試合では、前日のデンソー ブライトペガサス戦に延長8回タイブレークの末1-3で敗れた大垣 ミナモと、同じく前日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に2-8で敗れ、開幕黒星スタートとなった戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 試合はミナモがサラ・パウリー、メディックスがジョーダン・テーラーと「両エース」を先発登板させ、スタート。

 メディックスは2回表、この回先頭の4番・數原顕子がワンボール・ワンストライクからの3球目を鮮やかに振り抜き、右中間へソロホームラン! シオノギ製薬 ポポンギャルズから移籍した期待の「新主砲」が「2試合連続アーチ」を「完璧な当たり」で叩き込み、先制点を奪うと、さらにこの後、死球、フィルダースチョイス、送りバントで一死二・三塁とし、8番・有吉なつきのショートへの当たりもフィルダースチョイスとなる間に2点目を追加。9番・田中江理奈、1番・江口未来子も続けてタイムリーを放ち、3点目、4点目を加え、ミナモのサラ・パウリーをノックアウトした。

(※メディックスは2回表、4番・數原顕子の先制ソロホームランを口火に一挙4点を奪い、試合の主導権を握る)

 勢いに乗るメディックスは4回表にもミナモの2番手・内藤加菜を攻め、二死二・三塁からワイルドピッチで1点を追加。7回表にはミナモの4番手・中山日菜子から1番・江口未来子、2番・堤加菜子の長短打でもう1点追加し、リードを6点に広げ、勝利を決定的なものとした。
 
 守っては、先発した「エース」ジョーダン・テーラーが被安打2・奪三振10と終始危なげのないピッチングを展開。6-0の完封勝利を飾り、今節を1勝1敗で終えた。
 
 一方、ミナモは前日に続いて「エース」サラ・パウリーを連投させ、必勝を期したが、序盤4失点と試合を作ることができず……。打線もメディックス ジョーダン・テーラーの ‟切れ味鋭い” ‟打者の手元で動く球” に対応できず、2安打完封負けを喫し、今節連敗。今シーズン初勝利は地元開催となる次節(大垣大会)へお預けとなった。

1846
2021
4
4
04
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc