1部リーグ 第1節 20210404日()太陽誘電 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】メーガン・グッド
敗戦投手【太陽誘電】曽根はん奈
打撃成績 【デンソー】《二》川畑瞳、吉田彩夏
【太陽誘電】 
バッテリー
デンソー○メーガン・グッド-吉松梨乃
太陽誘電●曽根はん奈、山口美紀、寺田愛友-西山しずく

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節鹿児島大会・第2日第1試合は、前日の戸田中央総合病院 メディックス戦に8-2と快勝し、好スタートを切った太陽誘電 ソルフィーユと、こちらも前日の大垣 ミナモ戦に延長8回タイブレークの末3-1で競り勝ち、開幕白星発進となったデンソー ブライトペガサスが対戦。

 試合はソルフィーユ・曽根はん奈、ブライトペガサス メーガン・グッドの両投手が先発登板し、4回まで0-0と投手戦の様相を呈した。

 試合が動いたのは5回表、ブライトペガサスはこの回先頭の5番・佐野由貴美がレフト前ヒットで出塁。6番・吉田彩夏のライトオーバーのツーベースで代走・中村優花が一気に本塁生還を狙ったが、惜しくも本塁寸前タッチアウト。しかし、一死三塁とチャンスは続き、7番・小島あみがライト前に痛烈なタイムリー! 三塁走者を迎え入れ、待望の1点を先制した。

 ブライトペガサスは続く6回表にもソルフィーユの2番手・山口美紀の制球の乱れに乗じ、一死満塁とすると、押し出しの四球で1点を追加。さらに二死後、6番・吉田彩夏が一・二塁間を破るタイムリーを放ち、一気に二者が生還。7番・小島あみにもセカンドへのタイムリー内野安打が飛び出し、この回4点を奪い、リードを5点に広げた。

(※ブライトペガサスが6回表に押し出しと2本のタイムリーで一挙4点を追加! リードを5点に広げる)

 守っては、先発したメーガン・グッドが持ち前の「球速110㎞/h台」の速球で押しまくり、ソルフィーユ打線をわずか1安打に抑え込む好投。5-0の完封勝利で締めくくり、今節連勝。地元開催となる次節(安城大会)へ弾みをつけた。

 一方、敗れたソルフィーユは今節1勝1敗。「投打の大黒柱」藤田倭が抜けた(ビックカメラ高崎 BEE QUEENへ移籍した)ところを今後チームとしてどう埋めていくか。攻守に「新しいスタイル」を確立できるか否かがカギとなりそうだ。

1845
2021
4
4
04
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc