1部リーグ 第1節 20210405日()シオノギ製薬 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】千葉咲実
敗戦投手【伊予銀行】黒木美紀
打撃成績 【伊予銀行】 
【シオノギ】《本》比護奈保子、谷本奈々《二》戸村美紅②、大橋茜
バッテリー
伊予銀行●黒木美紀、庄司奈々-安川裕美、若林舞、安川裕美
シオノギ○千葉咲実、信田沙南-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節尼崎大会は、前日(4月4日/日)、第1試合は予定通り実施したものの、徐々に天候が悪化。試合続行不可能な状態となり、第2試合は予備日(4月5日/月)に順延され、実施された。
 「ホーム」開催の開幕初戦で3連覇を狙う「王者」ビックカメラ高崎 BEE QUEENに0-3の完封負け。開幕連敗は避けたいシオノギ製薬 ポポンギャルズと、対照的に開幕初戦となった豊田自動織機 シャイニングベガ戦で「先手」を取られながら、終盤鮮やかな逆転で3-1と快勝。開幕連勝を狙う伊予銀行 VERTZが対戦した。

 何としても「ホーム」で今シーズン初勝利を挙げたいポポンギャルズは初回、VERTZ・先発の黒木美紀の立ち上がりを攻め、1番・谷本奈々が死球で出塁し、2つの内野ゴロの間に三塁まで進塁。ここで4番・戸村美紅が先制のタイムリーツーベースを放ち、幸先よく先取点を挙げた。

 ポポンギャルズは3回裏、この回先頭の1番・谷本奈々が死球で出塁すると、VERTZベンチが動き、庄司奈々に投手交代。2番・小林美沙紀への初球、一塁走者が盗塁を成功させ、結局、小林美沙紀も四球で歩き、無死一・二塁とした後、次打者のピッチャーゴロの間に走者がそれぞれ進塁。一死二・三塁とチャンスを広げ、第1打席で先制のタイムリーツーベースを放った4番・戸村美紅が今度はライト前にタイムリー。二者が還り、3-0とリードを広げた。

 4回までポポンギャルズの先発・千葉咲実にわずか1安打に抑えられていたVERTZはようやく5回表、途中出場の6番・甲斐はづきがレフト前ヒットで出塁。一死後、二塁盗塁を成功させ、代打・辻井美波がチェンジアップに巧みにバットを合わせ、レフト前に運ぶタイムリー! 日本リーグ初出場の「ルーキー」が記念すべき「初打席」で嬉しい「初ヒット・初打点」を記録。1点を返し、「反撃開始!」かと思われた。

(※3点を追うVERTZは「ルーキー」辻井美波のタイムリーで1点を返したが……)

 2点差に迫られたポポンギャルズはその裏、二死走者なしから3番・比護奈保子がソロホームランを放ち、再び3点差にリードを広げると、続く6回裏には、1番・谷本奈々のスリーランホームランを含む5本の長短打を集中。大量6点を加え、完全に勝負を決めてしまった。

(※ポポンギャルズは6回裏、5本の長短打を集中し、大量6点を追加。勝利を決定づけた)

 勝ったポポンギャルズは10安打・10得点と打線が爆発! 投手陣も先発・千葉咲実が6回まで被安打4・奪三振7・失点1の力投。しっかりと先発の役割を果たし、最後は「ルーキー」信田沙南が締め、「ホーム」で嬉しい今シーズン初勝利を挙げた。

 敗れたVERTZは今節1勝1敗。序盤失点したものの、5回表に1点を返し、反撃に転じるかと思われた矢先、投手陣がポポンギャルズ打線の集中砲火を浴び、守備の乱れも絡んで大量失点。開幕初戦の「再現」はならず、大敗を喫してしまった。

1844
2021
4
5
04
05
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc