1部リーグ 第1節 20210404日()日本精工 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】田内愛絵里
敗戦投手【日本精工】山田玲菜
打撃成績 【日立】《本》鈴木鮎美《二》山口みどり
【日本精工】 
バッテリー
日立○田内愛絵里-清原奈侑
日本精工●山田玲菜-重石華子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節宇都宮大会・第2日第1試合は、前日(4月3日/土)のトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦では、優勝争いの「常連」チームを相手に常に「先手」を取る試合を展開。勝利を目前にしながら最終回に同点に追いつかれ、延長タイブレークにもつれ込む熱戦の末、サヨナラ負けを喫した日本精工 Brave Beariesと、Honda Reverta戦で序盤4点をリードしながら最終回「まさか……」の大逆転負け。痛い星を落とし、村山修次監督の「初陣」を飾ることができなかった日立 サンディーバが対戦した。

 Brave Bearies・山田玲菜、サンディーバ・田内愛絵里、両投手の先発で始まった試合は、Brave Beariesが2回裏、この回先頭の4番・高原侑里が二遊間を抜く安打で出塁。一死後、犠打で二死ながら走者を得点圏に進め、連続四球で満塁と攻め立て、9番・須藤祐美のバットに期待がかかったが、ここは田内愛絵里が踏ん張り、チェンジアップで空振り三振。得点を許さず、満塁のピンチを脱した。

 一方、サンディーバは4回表、二死走者なしから5番・山口みどりがライト線を鋭く破る二塁打を放ち、得点のチャンスを作ったが、次打者がライトフライに倒れ、無得点。両チーム得点できないまま、試合は終盤を迎えた。

 サンディーバ6回表の攻撃も簡単に二死となり、「このまま延長タイブレークに突入か!?」という雰囲気が色濃く漂いはじめた中、3番・鈴木鮎美がここまで好投を続けてきたBrave Bearies・山田玲菜の投じた86球目をとらえ、左中間スタンドへ突き刺すソロホームラン! トヨタ自動車 レッドテリアーズで何度も優勝を経験してきた「歴戦の勇者」が勝負を決める一発を放った。

(※サンディーバは6回表、鈴木鮎美の「値千金」の一発で決勝点を挙げた)

 この1点を先発・田内愛絵里が緩急自在のピッチングで守り切り、被安打3・奪三振7の力投でBrave Bearies打線を完封! こちらも「常勝」トヨタ自動車 レッドテリアーズから「新天地」を求めて移籍してきた左腕が期待に応えるピッチングを見せ、村山修次新監督に嬉しい「初勝利」をプレゼント。見事な完封で花を添えた。
 
 敗れたBrave Beariesは今節連敗。いずれも「1点差」での惜敗と試合内容は決して悪くない。次節以降の戦いに期待したいところだ。

1841
2021
4
4
04
04
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc