1部リーグ 第1節 20210403日()大垣 ミナモ VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】カーリー・フーバー
敗戦投手【ミナモ】サラ・パウリー
打撃成績 【デンソー】《本》吉田彩夏
【ミナモ】 
バッテリー
デンソー○カーリー・フーバー-小島あみ
ミナモ●サラ・パウリー-長井美侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部がいよいよ開幕。昨年は新型コロナウイルスの影響により、後半開幕節、決勝トーナメント以外の通常節はリモートマッチ(無観客試合)で開催されたが、今シーズンは安全・安心面に最大限配慮しながら「全試合有観客」で開催することが決定。全10節に及ぶリーグ戦がスタートした。
 
 鹿児島大会第1日第1試合は、昨年2部リーグを制し「3年ぶり」の「1部リーグ復帰」を果たした大垣 ミナモと、昨年5位(6勝5敗)で、今シーズン「打のレジェンド」山田恵里(日立 サンディーバから移籍)、洲鎌夏子(豊田自動織機 シャイニングベガから移籍)、佐野由貴美(Honda Revertaから移籍)ら「大物」が加わったデンソー ブライトペガサスが対戦。
 
 ミナモはサラ・パウリー、ブライトペガサスはカーリー・フーバーが先発登板し、はじまった試合は、ブライトペガサスが2回表、二死から7番・吉田彩夏がライトへ「特大」のソロホームラン! 強烈な先制パンチを浴びせ、まず1点を先取した。
 
 試合はその後両先発投手が一歩も譲らず投げ合い、ブライトペガサスが1点リードしたまま最終回に突入。ブライトペガサスのカーリー・フーバーが6回までノーヒットピッチングを続け、このまま「ノーヒット・ノーランを達成するのか……」という展開だったが、土壇場の7回裏にミナモが反撃。
 
 7回裏、ミナモは内野安打、死球、ヒットで無死満塁と攻め立て、6番・近本和加子はセカンドゴロホームゲッツー。しかし、二死二・三塁とチャンスは続き、続く7番・長井美侑が一・二塁間を破るタイムリー。1-1の同点に追いつき、試合はそのまま延長タイブレークへもつれ込むこととなった。

(※土壇場の7回裏、ミナモが7番・長井美侑のタイムリーで同点に追いつく)  

 迎えた延長8回表、ブライトペガサスはタイブレークの走者を二塁に置き、この回先頭の1番・川畑瞳がファースト内野安打。無死一・三塁とすると、ここで2番・山田恵里が三遊間を鮮やかに破るタイムリー! さらに無死一・三塁と続いたチャンスで、3番・洲鎌夏子はショートゴロ。この間に三塁走者が本塁へ還り、大きな3点目を挙げ、リードを2点に広げた。

(※延長8回表、無死一・三塁のチャンスで2番・山田恵里が鮮やかなタイムリー! ブライトペガサスが勝ち越しに成功する)  

 守っては、その裏、ミナモの攻撃をブライトペガサス カーリー・フーバーが三者凡退に打ち取り、試合終了。ブライトペガサスが3-1で熱戦をモノにし、開幕白星スタートを飾った。

1839
2021
4
3
04
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc