1部リーグ 第1節 20210403日()Honda VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【日立】ケイラニ・リケッツ
打撃成績 【日立】 
【ホンダ】《本》長谷川優理《二》杉本梨緒
バッテリー
日立坂本実桜、●ケイラニ・リケッツ-清原奈侑
ホンダジェイリン・フォード、○アリー・カーダ-棚町佳奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第54回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節宇都宮大会・第1日第2試合は、2年連続準優勝(レギュラーシーズンは7勝4敗の3位)、「今年こそ!」と悲願の「初優勝」に向け、チームスタッフを一新して臨む「ホーム」Honda Revertaと、「チームの顔」山田恵里が移籍(デンソー ブライトペガサスに移籍)し、チームを離れたものの、鈴木鮎美(トヨタ自動車 レッドテリアーズから移籍)、坂本結愛(戸田中央総合病院 メディックスから移籍)らの「新戦力」を加えた昨年9位(5勝6敗)の日立 サンディーバが対戦した。

 先攻のサンディーバは初回、Reverta・先発のジェイリン・フォードの制球の乱れにつけ込み、3連続四死球等で無死満塁とし、4番・ケイラニ・リケッツのレフト前に落とすポテンヒット、5番・山口みどりのセカンド横を鋭く抜くタイムリーでいきなり3点を先制した。

(※サンディーバは初回、無死満塁からケイラニ・リケッツ、山口みどりの連続タイムリーで3点を先取!)

 Revertaもその裏、二死走者なしからサンディーバの先発・坂本実桜の突然の制球の乱れに乗じてこちらも3連続四死球で満塁としたが、後続が見逃し三振に倒れ、反撃のチャンスを逃してしまった。

 ピンチを脱したサンディーバは、その直後の2回表、9番・松岡くるみ、1番・坂本結愛の連打と犠打で一死二・三塁の追加点のチャンスをつかみ、3番・鈴木鮎美がセンター前にタイムリー。「新戦力」の活躍で貴重な追加点を挙げ、4点差にリードを広げた。

 守っては、5回までノーヒットピッチングの坂本実桜に代え、この試合「4番・DP」で出場していたケイラニ・リケッツを6回裏から登板させる「盤石」の投手リレー。4点のリードもあり、「サンディーバの勝利は間違いない」と誰もが思っていた。
 しかし……「ドラマ」は最終回に待っていた。4点差を追うRevertaは7回裏、四死球から一死一・二塁のチャンスをつかむと、1番・杉本梨緒が「チーム初安打」となる右中間二塁打。1点を返し、なお二・三塁のチャンスが続き、二死後、3番・塚本蛍が四球を選び、満塁とすると、4番・森山遥菜がしぶとくライト前に落とすタイムリー。二者が還り、アッという間に1点差。二死一・三塁と走者が残り、続く5番・長谷川優理がワンストライクからの2球目を強振! 打球はレフトスタンドへ飛び込む逆転サヨナラスリーランとなり、歓喜のサヨナラ!! 最終回4点差をひっくり返す「大逆転劇」でRevertaが「ホーム」での初戦を飾った。

(※Revertaは最終回、4点差をはね返す「大逆転」でサヨナラ勝ち!)

 Revertaは先発のジェイリン・フォードが2回までに6安打・4失点と「大誤算」の出来だったが、3回から登板したアリー・カーダが追加点を許さず、辛抱強く味方打線の「援護」を待つと、打線もこれに応え、最終回、6回までノーヒットと完全に抑え込まれていたのが嘘のような大逆襲。最後は長谷川優理がレフトスタンドへ逆転のスリーランホームランを叩き込み、劇的なサヨナラで大西舞新監督に嬉しい「初勝利」をプレゼントした。

 一方、サンディーバは「悪夢」のような大逆転負け。序盤はRevertaの「左のエース」ジェイリン・フォードを攻略し、4点を奪い、先発・坂本実桜が5回までノーヒットピッチング。ここまでは「理想的」な試合展開だったのだが……「盤石」のはずの「エース」ケイラニ・リケッツへの投手リレーが結果的には「裏目」となり、9分9厘手中にしていたはずの勝利を逃し、村山修次監督の「初陣」を飾ることができなかった。

1836
2021
4
3
04
03
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc