1部リーグ 決勝トーナメント 20201108日()トヨタ自動車 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【トヨタ】モニカ・アボット
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜
【トヨタ】 
バッテリー
ホンダ○ジェイリン・フォード、アリー・カーダ-棚町佳奈
トヨタ●モニカ・アボット-峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメント・第2日第1試合「3位決定戦」は、リーグ戦1位で決勝トーナメントに進出。リーグ戦2位の「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENとの対戦で「絶対的エース」モニカ・アボットを「温存」したこともあり、5-4で敗れ、「敗者復活戦」に回り、この「3位決定戦」に勝利して「決勝戦」で待ち受けるビックカメラ高崎 BEE QUEENとの「再戦」を実現したいトヨタ自動車 レッドテリアーズと、「左右の外国人二枚看板」の一人、「右のエース」アリー・カーダが決勝トーナメント史上4人目となる「ノーヒット・ノーラン」を達成。「キャプテン」森山遥菜が勝負を決める「一発」を放つ等、リーグ戦4位の豊田自動織機 シャイニングベガに3-0で快勝。「今年こそ初優勝を!」を合言葉に、この「3位決定戦」に駒を進めてきたHonda Revertaが対戦した。

 決勝トーナメントは、上位チームに先攻・後攻の選択権が与えられるため、リーグ戦1位のトヨタ自動車 レッドテリアーズが「後攻」を選択。Honda Revertaの「先攻」で試合がはじまった。

 レッドテリアーズの先発は「絶対的エース」モニカ・アボット。レギュラーシーズンでは1試合の先発もなかったが、「負ければ終わり」の大事な一戦となるだけに、今シーズン「初先発」。「エース」の左腕にチームの「命運」が託された。
 一方、Revertaの先発は前日(11月7日/土)、決勝トーナメント史上4人目となるノーヒット・ノーランの「偉業」を達成したアリー・カーダではなく、「左のエース」ジェイリン・フォード。「連覇」を狙う「王者」ビックカメラ高崎 BEE QUEENへの「挑戦権」をかけ、激突した。

 試合は両エースが一歩も譲らぬ投げ合いを展開。予想通り緊迫した投手戦となり、両チーム無得点で迎えた4回表、この回先頭の3番・森山遥菜がワンボール・ツーストライクからの4球目をとらえ、左中間スタンドへ豪快に運ぶソロホームラン! 頼れる「キャプテン」の決勝トーナメント2戦連発となる「値千金」の一発でRevertaが待望の先取点を挙げた。

(※Revertaは4回表、「キャプテン」森山遥菜が先制のソロホームラン!)

 1点を追うレッドテリアーズは5回裏、一死から9番・渥美万奈が二遊間を抜く安打を放ち、出塁。二死後、2番・鈴木鮎美を打席に迎えたところでRevertaベンチが動き、前日(11月7日/土)、ノーヒット・ノーランを達成している「右のエース」アリー・カーダを投入。しかし……その鈴木鮎美にレフト前ヒットを浴び、3番・長﨑望未にも四球を与え、二死ながら満塁のピンチを招いてしまう。それでもここは「右のエース」が踏ん張り、4番・古澤春菜をチェンジアップで空振り三振に仕留め、何とかこのピンチを切り抜け、1点のリードを守った。

 「王座奪還」に執念を燃やすレッドテリアーズは6回裏にも二死一・二塁としながら得点なく、7回裏にも安打と連続四球等で一死満塁と攻め立て、「一打逆転サヨナラ」のチャンスを作ったが……後続がキャッチャーファウルフライ、ショートゴロに倒れ、試合終了! 「王座奪還」の夢破れ、2年連続の3位に終わってしまった。

(※レッドテリアーズは最終回、一死満塁の「一打逆転サヨナラ」のチャンスを作ったが……)

 勝ったRevertaは2年連続の「決勝戦」進出。ジェイリン・フォード、アリー・カーダの「左右の外国人二枚看板」を惜しげもなくつぎ込む投手リレーで1-0の完封勝ち。昨シーズン「初優勝」の夢を阻まれた同じ相手「王者」ビックカメラ高崎 BEE QUEENへの「挑戦権」を手にした。昨シーズンの「リベンジ」なるか? 「王者」の「連覇」か?? 「頂点」を決める戦いが待っている。

1700
2020
11
8
11
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc