1部リーグ 第10節 20201025日()デンソー VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】カーリー・フーバー
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】 
【デンソー】《二》釼持祐衣、櫻岡春香
バッテリー
戸田中央●ジョーダン・テーラー、飯島綾香、星加きらら-坂本結愛
デンソー○カーリー・フーバー、メーガン・グッド-吉松梨乃、小島あみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 雨のため、初日(10月24日/土)に予定されていた試合を予備日(10月26日/月)に中止・順延を余儀なくされた「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節福井大会・第2日第2試合は、その影響で他会場のチームと消化試合数に差異が生じたため、3勝6敗で「暫定」ながら「同率9位」の戸田中央総合病院 メディックスと、通算成績4勝5敗、「暫定」ながら「6位」につけ、「逆転」での「決勝トーナメント進出」に望みをつなぐためにも「絶対に負けられない!」デンソー ブライトペガサス対戦した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、この試合も「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定。メディックスの先攻で試合が開始された。

 先発・カーリー・フーバーがメディックスの初回の攻撃を三者凡退に抑えたブライトペガサスはその裏、メディックス・先発のジョーダン・テーラーの立ち上がりをとらえ、1番・釼持祐衣がセンター頭上を越えるいきなりの二塁打。犠打で走者を三塁へ進め、3番・田中真紀子がショートのグラブをはじき、そのままセンターへ抜ける強烈な当たりのタイムリー! あっさり先取点を挙げた。

 メディックスはその直後の2回表、二死走者なしから6番・田中江理奈が四球で出塁すると、すかさず盗塁。二死ながら得点圏に走者を進め、7番・高原侑里の三遊間へ当たりをサードがはじき(記録は安打)、打球が外野を転々とする間に二塁走者が生還。1-1の同点に追いついた。

(※メディックスは2回表、高原侑里のタイムリーで1-1の同点に追いつく!)

 同点に追いつかれたブライトペガサスはその裏、四球で出塁した走者を内野ゴロの間に二塁へ進め、7番・櫻岡春香のライトオーバーのタイムリーツーベースで還し、1点を勝ち越し。二死後、9番・吉松梨乃にもタイムリーが飛び出し、この回2点を勝ち越した。

(※ブライトペガサスは2回裏、櫻岡春香の適時二塁打、吉松梨乃のタイムリーで2点を勝ち越し)。

 これで勢いづいたブライトペガサスは続く3回裏にも、二者連続の四球と内野安打等で無死満塁とし、5番・今村あこがレフトへ痛烈な当たりのタイムリーを放ち、2点を追加。4点差にリードを広げた。

 守っては、先発のカーリー・フーバーが5回を1失点でまとめると、6回・7回は「DP・6番」でスタメン出場していたメーガン・グッドが投手の守備を兼務し、登板。2イニングを一人の走者も許さぬ「パーフェクトリリーフ」で締めくくり、5-1で快勝。通算成績5勝5敗、「暫定6位」(雨天順延でチームにより消化試合に差異が生じている)ながら、残り1試合「最終戦」に勝利し、もし太陽誘電 ソルフィーユが敗れれば、最終成績6勝5敗の「同率」で並び、「逆転」での「決勝トーナメント進出」が決定するというところまでこぎつけた。
※デンソー ブライトペガサスと太陽誘電 ソルフィーユが最終成績6勝5敗の同率で並んだ場合は、リーグ規程により「直接対決」で勝利しているデンソー ブライトペガサスの順位が上となる。

 敗れたメディックスは3勝7敗。日本精工 Brave Beariesが2勝9敗でレギュラーシーズンの全日程を終了したため、「1部リーグ残留」が最終日を待たずに決まったが、もっともっと「上」を狙えるチームのはず。最終戦を見事勝利で飾り、来シーズンへとつなげてくれることを期待したい。

1692
2020
10
25
10
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc