1部リーグ 第10節 20201026日()Honda VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】アリー・カーダ
敗戦投手【太陽誘電】尾﨑望良
打撃成績 【太陽誘電】 
【ホンダ】《本》杉本梨緒
バッテリー
太陽誘電藤田倭、●尾﨑望良-佐藤みなみ
ホンダ○アリー・カーダ-藤家菜々子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節(最終節)白鷹大会は、第2日(10月25日/日)が降雨の影響でグラウンドコンディション不良となり、予備日(10月26日/月)に順延。レギュラーシーズン最終戦となるその予備日(第3日)も、新型コロナウイルス感染防止のため「リモートマッチ」(無観客試合)で開催された。
 
 白鷹大会・予備日(第3日)第1試合は、第1日(10月24日/土)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に2-0で完封勝ちし、「2年連続の決勝トーナメント進出」を確定させたHonda Revertaと、同じく第1日の日立 サンディーバ戦に3-4で競り負け、通算成績6勝4敗。勝敗ではHonda Revertaと「同率4位」ながら、6位(通算成績5勝5敗)に位置するデンソー ブライトペガサスとの直接対決の関係(直接対決でデンソー ブライトペガサスに敗れており、通算成績で並ばれると順位が逆転する)で2年ぶりの決勝トーナメント進出を決め切れずにいる太陽誘電 ソルフィーユが対戦。

 Revertaは「左右の外国人投手二枚看板」の一人、「右」のアリー・カーダが先発登板。ソルフィーユは先発オーダーでは藤田倭を投手としていたが、初回の守備につくと同時にDP・尾﨑望良が投手の守備を兼務。「実質的な先発投手」となって勝負に出た。

 試合は立ち上がりから両投手が一歩も譲らず投げ合い、0-0のまま終盤に突入。
 迎えた5回表、ソルフィーユは四球、送りバント、バントヒットで一死一・三塁とすると、1番・山本晴香はサードフライに倒れ二死となったが、2番・中溝優生の打席の初球で一塁走者・川村莉沙が盗塁。この盗塁が二塁手前でランダウンプレーとなる間に、代走で入っていた三塁走者・瀬戸口梨乃が思い切って本塁突入を試み、間一髪セーフ! 足で揺さぶりをかけ、待望の1点を先取した。

(※5回表にソルフィーユが足で揺さぶり、1点を先取したが……)

 しかし、Revertaもその裏、8番・大畑成美のファースト内野安打、9番・渡邉瑞貴のピッチャー強襲ヒットで無死二・三塁のチャンスを作り、ここで1番・杉本梨緒がレフトへ「起死回生」の逆転スリーランホームラン !! 「会心の一発」で一挙3点を奪い、試合をひっくり返した。

(※リードを許したRevertaは5回裏、無死二・三塁から杉本梨緒が「起死回生」のスリーランホームラン! 一気に試合をひっくり返す !! )

 守っては、このリードを先発したアリー・カーダが被安打2・奪三振6の「上々のピッチング」で守り抜き、完投勝利。同率4位同士の直接対決に勝利し、通算成績7勝4敗でレギュラーシーズンの戦いを終了(この後の第2試合で3位・豊田自動織機 シャイニングベガが敗れ、通算成績7勝4敗となり、Revertaと並ぶ形に。Revertaが直接対決で勝利していたため、順位が逆転し、Revertaの「リーグ戦3位」が確定した)。

 一方、逆転負けを喫したソルフィーユはこの最終節「連敗」で通算成績6勝5敗に(この後、福井大会第2試合を戦う6位・デンソー ブライトペガサス(通算成績5勝5敗)の結果(※デンソー ブライトペガサスが敗れれば、通算の勝ち星でソルフィーユが上回り、ソルフィーユの決勝トーナメント進出が決まる)を祈るように待ったが……)。順位争いのライバル・デンソー ブライトペガサスが最終戦に勝利したことで、6勝5敗で並ばれてしまい、直接対決でも敗れていることから、「リーグ戦6位」が確定……。最終的に2年ぶりの決勝トーナメント進出を逃すこととなってしまった。

1689
2020
10
26
10
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc