1部リーグ 第10節 20201024日()トヨタ自動車 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】《二》床次栞菜
【トヨタ】 
バッテリー
伊予銀行●庄司奈々、黒木美紀-安川裕美
トヨタ○後藤希友、モニカ・アボット-切石結女

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 今シーズンのレギュラーシーズン「最終節」となる「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節草津大会・第1日第1試合は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、ここまで4勝5敗の「同率6位」、今節残り2試合を「連勝」し、5勝4敗で5位のHonda Revertaが「連敗」すれば、まだわずかに「決勝トーナメント進出」の可能性が残る伊予銀行 VERTZと、通算成績8勝1敗の「単独首位」、すでに「決勝トーナメント進出」を決めており、この試合に勝てば「1位」で決勝トーナメントへ駒を進めることができるトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 今シーズンは新型コロナウイルスの影響で前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分の試合数(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)となってしまったため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、VERTZの先攻で試合が開始された。

 レッドテリアーズ・後藤希友、VERTZ・庄司奈々の先発で始まったこの試合は、3回裏にレッドテリアーズが先制。この回先頭の7番・鎌田優希がレフト前ヒットで出塁すると、手堅く犠打で走者を進め、9番・渥美万奈のレフト前に運ぶ「華麗な流し打ち」で一・三塁とし、次打者への2球目、一塁走者がすかさず盗塁を決め、二・三塁。二死後、2番・鈴木鮎美が三塁線を鋭く破るタイムリーを放ち、二者が還り、レッドテリアーズが先手を取った。

(※レッドテリアーズは3回裏、鈴木鮎美のタイムリーで2点を先取!)

 2点を先制したレッドテリアーズは6回裏にも、4回途中から登板していたVERTZ・黒木美紀をとらえ、敵失、盗塁、犠打で一死三塁とし、3番・長﨑望未が二遊間を抜くタイムリー。ダメ押しの1点を奪い、3点差にリードを広げた。

 守っては、先発・後藤希友が5回を被安打1・無失点の好投。6回・7回は「絶対的エース」モニカ・アボットが一人の走者も許さぬパーフェクトピッチング。打者6人から4連続を含む5三振を奪う「完璧」なピッチングで締め、3-0の完封勝利。通算成績9勝1敗とし、最終戦を待たずに「1位」での決勝トーナメント進出を決めた(レッドテリアーズが残り1試合に敗れ、現在(第10節第1試合終了時点)、2敗で「同率2位」のビックカメラ高崎 BEE QUEEN、豊田自動織機 シャイニングベガが残り2試合に「連勝」し、9勝2敗の「同率」に並んでも、レッドテリアーズがその両チームとの「直接対決」に勝利しているため、順位は上となる)。

 敗れたVERTZは4勝6敗。この敗戦でわずかに残っていた「決勝トーナメント進出」の可能性が完全に消滅(現時点(第10節第1試合終了時点)、5勝4敗で5位のHonda Revertaが残り試合に連敗し、VERTZが残り1試合に勝って5勝6敗の「同率」に並んでも、「直接対決」でVERTZが敗れているため、順位は下となる)した。

1687
2020
10
24
10
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc