1部リーグ 第10節 20201024日()太陽誘電 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】坂本実桜
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【日立】《本》山田恵里、アビー・チーク《三》屋禰未奈
【太陽誘電】《本》川村莉沙、山本晴香
バッテリー
日立○坂本実桜、ケイラニ・リケッツ-清原奈侑
太陽誘電●藤田倭、尾崎望良-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部はいよいよ最終節となる第10節。この第10節も引き続き「リモートマッチ」(無観客試合)で開催された(今シーズンは新型コロナウイルスの影響により、後半開幕節、決勝トーナメント以外の通常節はリモートマッチで開催することが決定している)。
 
 白鷹大会第1日第1試合は、前節(第9節)1勝1敗。現在通算成績6勝3敗の「単独4位」につけ、2年ぶりの決勝トーナメント進出まで「あと1勝」としている太陽誘電 ソルフィーユと、同じく前節を1勝1敗で終え、通算成績3勝6敗の「8位グループ」に位置している日立 サンディーバが対戦。
 
 サンディーバ・坂本実桜、ソルフィーユ・藤田倭の両投手の先発でスタートした試合は、先攻のサンディーバが初回に先制攻撃。二死走者なしから3番・山田恵里が「日本リーグ通算本塁打歴代1位」に並ぶ「45本目」のソロホームランを放ち、1点を先取すると、4番のアビー・チークもライトへ豪快なソロホームラン! 女子TOP日本代表の好投手・藤田倭の立ち上がりをとらえ、鮮やかな「一発攻勢」でアッという間に2点を先制した。

(※サンディーバは初回に山田恵里、アビー・チークの「連続ホームラン」で2点を先制!)

 幸先良くリードを奪ったサンディーバは、続く2回表にも四球を足場に一死二・三塁と攻め立て、9番・屋禰未奈のレフトオーバーのタイムリースリーベースで2点を追加。優位に試合を進めた。

 守っては、先発・坂本実桜が3回裏、6回裏にソロホームランを浴びて2点差とされ、6回裏途中で降板。前節チームに合流したケイラニ・リケッツへ継投し、そのケイラニ・リケッツも直後に自らの制球の乱れからピンチを背負い、押し出しの四球で1点差に迫られたものの、何とか後続を断って、そのまま4-3で試合終了。サンディーバが手に汗握る接戦をモノにし、通算成績を4勝6敗とした。

(※ソルフィーユも粘りを見せ、6回裏に1点差まで迫ったのだが……)

 一方、敗れたソルフィーユは通算成績6勝4敗。満を持して「エース」藤田倭を先発登板させ、決勝トーナメント進出を決めにかかったが……初回にいきなり2本のホームランを叩き込まれ、2回表にも2点を奪われ、「まさか」の2回途中ノックアウト。「勝てば決勝トーナメント進出確定」の状況に変わりはないが、2年ぶりの決勝トーナメント進出なるか否かは、最終日・最終戦(Honda Reverta戦)の結果に委ねられることとなった。

1683
2020
10
24
10
24
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc