1部リーグ 第9節 20201018日()シオノギ製薬 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【豊田織機】《本》中川彩音《二》大平あい
【シオノギ】 
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
シオノギ●千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節尼崎大会・第2日第2試合は、前節(第8節)連敗に終わり通算成績2勝5敗。今節一つでも勝ち星を増やし「9位グループ」から脱出したいシオノギ製薬 ポポンギャルズと、同じく前節、同率首位に並ぶトヨタ自動車 レッドテリアーズとの首位攻防戦に0-1で敗れ1勝1敗。通算成績5勝2敗となり「2位グループ」へ順位を下げた豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。

 シャイニングベガは「エース」ダラス・エスコベド、ポポンギャルズも「成長を期待する左腕」千葉咲実を先発投手に立て、試合がスタート。

 後攻のポポンギャルズが初回に3連続ヒットで無死満塁といきなり絶好のチャンスを作ったが、ここで4番・數原顕子がサードファウルフライ、5番・戸村美紅、6番・竹林綾香も連続三振に斬って取られ、スリーアウトとなり、先制点を奪うことができなかった。

 試合はその後両先発投手が「気持ちの入ったピッチング」を展開。文字通り「一歩も譲らぬ投げ合い」を繰り広げ、0-0のまま最終回に突入した。

 迎えた7回表、シャイニングベガはこの回先頭の3番・洲鎌夏子がセンター前ヒット。女子TOP日本代表にも名を連ねる実力者がチーム2本目の安打を放ち、出塁すると、続く4番・中川彩音がフルカウント後、粘った8球目(低めに沈む球)をうまく拾い、センターへ大きなアーチを描くツーランホームラン! 第7節のビックカメラ高崎 BEE QUEEN戦でも世界のエース・上野由岐子から衝撃のサヨナラツーランを放ってみせた「若き左の主砲」が再び「値千金の一発」を叩き込み、待望の先制点を挙げた。

(※0-0のまま迎えた7回表、シャイニングベガ・中川彩音が「値千金」のツーランホームランを放つ !! )

 守っては、満を持して先発登板した「エース」ダラス・エスコベドがポポンギャルズ打線に6安打を許しながらも、要所を締め、完封勝利。通算成績を6勝2敗に伸ばし、首位・トヨタ自動車 レッドテリアーズを「星一つ差」で追走する位置をキープした。

 一方、敗れたポポンギャルズはこれで通算成績2勝6敗。今節は「ホーム」開催、「地元・尼崎」での試合なだけに……何としても勝利を飾りたいところ。次戦(日立 サンディーバ戦)の戦いぶりに期待したい。

1680
2020
10
18
10
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc