1部リーグ 第9節 20201018日()SGホールディングス VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】坂本実桜
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【日立】《本》炭谷遥香《二》アビー・チーク、山口みどり
【SGH】《本》柳瀬友紀
バッテリー
日立○坂本実桜-清原奈侑
SGH●カーヤ・パーナビー、加藤あずさ-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節尼崎大会は、名古屋大会同様、第1日(10月17日/土)の日程が雨のため予備日(10月19日/月)へ順延されることに。第2日(10月18日/日)は天候も回復し、当初のスケジュール通り試合が行われることとなり、前節に引き続き「リモートマッチ」(無観客試合)で開催された。
 
 第2日第1試合は、前節(第8節)終了時点でともに通算成績2勝5敗。シオノギ製薬 ポポンギャルズ、日本精工 Brave Beariesと同率(2勝5敗)で「9位グループ」に位置し、苦しい状況が続いている日立 サンディーバとSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦。

 サンディーバは坂本実桜、ギャラクシースターズはカーヤ・パーナビーを先発投手に起用し、スタートした試合は、後攻のギャラクシースターズが初回に先制攻撃。一死から死球、四球で一・二塁とすると、4番・山科真里奈はレフトフライに倒れたが、タッチアップで走者がそれぞれ進塁し、二・三塁。ここで5番・桃原祐里がライト前にタイムリーを放ち、1点を先制した。

(※後攻のギャラクシースターズは初回、桃原祐里のライト前タイムリーで1点を先制したが……)

 しかし、負けられないサンディーバも直後の2回表に反撃。四球を足場に送りバント、ワイルドピッチで一死三塁とした後、6番・清原奈侑は空振り三振に倒れたが、7番・炭谷遥香が三遊間を破るタイムリー。すぐに同点に追いついた。
 サンディーバは1-1の同点のまま迎えた4回表にも、2つの四球と相手守備の乱れ等で一死満塁と攻め立て、2回表に同点タイムリーを放った7番・炭谷遥香がセンターへ「豪快」な勝ち越し満塁ホームラン! 勢いに乗るサンディーバは続く5回表にもギャラクシースターズの2番手・加藤あずさを攻め、一死二・三塁から5番・山口みどりのライトへの犠牲フライで1点を追加。7回表には4番のアビー・チーク、5番・山口みどりの連続ツーベースで7点目を加え、勝利を決定的なモノとした。

(※1-1の同点で迎えた4回表、サンディーバは炭谷遥香の「豪快」な「グランドスラム」で勝ち越しに成功 !! )

 守っては、先発・坂本実桜が被安打5(内ホームラン1本)・失点2という投球内容ながら大崩れすることなく、最後まで投げ抜き、7-2で完投勝利。通算成績を3勝5敗とした。

 一方、敗れたギャラクシースターズはこれで通算成績2勝6敗。「エース」カーヤ・パーナビーを先発登板させながら、投打に精彩を欠き、完敗。開幕連勝の後「6連敗」を喫することとなり……依然苦しい状況が続いている。

1679
2020
10
18
10
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc