1部リーグ 第9節 20201019日()シオノギ製薬 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】吉井朝香
敗戦投手【日立】ケイラニ・リケッツ
打撃成績 【日立】《本》清原奈侑
【シオノギ】《本》數原顕子、竹林綾香《二》竹林綾香
バッテリー
日立●ケイラニ・リケッツ-清原奈侑
シオノギ○吉井朝香-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節尼崎大会・予備日(第3日)第2試合では、前日豊田自動織機 シャイニングベガと息詰まる投手戦を繰り広げながら、最後、ツーランホームラン一発に沈み敗戦。通算成績2勝6敗の「10位グループ」に位置しているシオノギ製薬 ポポンギャルズと、同じく前日のSGホールディングス ギャラクシースターズ戦に7-2で快勝し、通算成績3勝5敗。「暫定8位」に位置している日立 サンディーバが対戦した。

 サンディーバは後半戦「緊急補強」した「現役アメリカ代表」ケイラニ・リケッツがようやくチームに合流(新型コロナウイルスの影響でチーム合流が遅れていた)。早速先発投手に起用すると、ポポンギャルズも吉井朝香を先発投手に立て、試合がスタートした。

 試合はサンディーバが2回表に6番・清原奈侑のレフトへのツーランホームランで2点を先制。ケイラニ・リケッツも立ち上がりから上々のピッチングを披露し、ポポンギャルズ打線に得点を許さず、2-0とサンディーバがリードを奪ったまま最終回へ入った。

 しかし、「地元・尼崎」で連敗だけは避けたいポポンギャルズも土壇場の7回裏、この回先頭の3番・數原顕子がツーボールからの3球目(ストライクを取りにきた甘い球)を逃さず、ライトへ完璧な当たりのソロホームラン!「反撃の一発」でチームを鼓舞すると、一死後、5番・竹林綾香も初球を狙いすましレフトへソロホームラン !! 目の覚めるような「一発攻勢」でアッという間に試合を振り出しに戻し、そのまま延長タイブレークへもつれ込むこととなった。

 延長8回は互いに得点を挙げることができず、迎えた延長9回表、サンディーバは2つの四球等で一死満塁と攻め立て、7番・炭谷遥香が押し出しの死球。なお一死満塁のチャンスが続き、途中出場の8番・奥田茉優希がライトへ犠牲フライを打ち上げ、この回2点目を追加。これで勝負は決したと思われた。

(※延長9回表にサンディーバが2点を勝ち越し、勝負は決したと思われたが……)

 だが、「諦めない」ポポンギャルズはその裏、タイブレークの走者を二塁に置きこの回先頭の4番・古藤優実がレフト線へタイムリー。1点差とすると、この後も果敢に攻め、二死一・二塁から8番・神藤美樹のセンター前タイムリーで再び同点。さらに四球で満塁と塁が埋まり、最後は1番・谷本奈々が一・二塁間を破るサヨナラタイムリー! 絶体絶命の状況から見事試合をひっくり返し、5-4で熱戦に勝利。今節1勝1敗で通算成績を3勝6敗とし、「2部降格圏内」から一歩「脱出」した。

(※延長9回裏、ポポンギャルズが一挙3点を奪う「執念」を見せてサヨナラ勝ち !! )

 一方、サンディーバは今節連勝ならず通算成績3勝6敗。わずかながら可能性を残す決勝トーナメント進出に向け「負けられない一戦」だったはずなのだが……「痛い黒星」となってしまった。

1674
2020
10
19
10
19
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc