1部リーグ 第8節 20201011日()日立 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】近藤光
敗戦投手【日本精工】藤嶋涼菜
打撃成績 【日本精工】《二》鬼澤麻純
【日立】《本》那須千春《三》倉本美穂《二》山口みどり
バッテリー
日本精工山田蓮、●藤嶋涼菜、山田蓮-鬼澤麻純
日立坂本実桜、○近藤光-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 台風14号の影響で初日(10月10日/土)に予定された試合が予備日(10月12日/月)に順延された「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会・第2日(10月11日/日)第2試合は、この試合も「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、開幕戦の「劇的勝利」の後、ズルズルと4連敗、「最下位」から「ホーム」で巻き返しを図る日立 サンディーバと、第6節のSGホールディングス ギャラクシースターズ戦を「驚異的な粘り」で延長10回に及ぶ「死闘」の末に制し、「1部リーグ復帰後初勝利」を挙げると、前節(第7節)ではデンソー ブライトペガサスから「三振振り逃げスリーラン」という「珍プレー」が結果的に決勝点。運も味方につけ、7-5と競り勝ち、2勝目を挙げ、ここまで2勝3敗の「同率5位」につけている日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 この試合も先攻・後攻をコイントスで決定。Brave Beariesの先攻で試合が開始され、Brave Beariesは2回表、サンディーバ・先発の坂本実桜をとらえ、この回先頭の4番・野木あやが四球を選んで出塁すると、続く5番・鬼澤麻純が左中間を破るタイムリーツーベース。1点を先制し、なお無死二塁と攻め立て、犠打で一死三塁とし、7番・沢柚妃のサードゴロの間に三塁走者が本塁突入を試みたがタッチアウト。これで追加点のチャンスを逃したかに見えたが、一塁に残った走者が果敢に盗塁。この送球が逸れる間に再び三塁へ走者を進め、8番・山本悠未がライト前へタイムリー。Brave Beariesがこの回2点を先制した。

(※Brave Beariesは2回表、鬼澤麻純、山本悠未のタイムリーで2点を先制!)

 2点を追うサンディーバは3回裏、先発・山田蓮がピッチャーライナーを額に受け、負傷退場するアクシデントもあり、2回途中から「緊急登板」していた藤嶋涼菜をとらえ、一死から1番・那須千春がセンターへ追撃のソロホームラン。反撃の狼煙を上げると、続く4回裏には、この回先頭の5番・山口みどりがサードのグラブをはじく強烈な当たりの二塁打。6番・清原奈侑が四球で歩き、無死一・二塁とし、7番・炭谷遥香のセカンドゴロの間にそれぞれ走者が進塁。一死二・三塁とチャンスを広げ、8番・倉本美穂の打席でワンボール・ワンストライクからの3球目にヒットエンドランを敢行。これは空振りに終わったものの、三・本間に挟まれた三塁走者・山口みどりの背中に送球が当たってしまい、まず同点。この送球がファウルグラウンドを転々とする間に二塁走者も一気に本塁を狙い、タッチアウト……かと思われたが、三塁手が走者の進塁を妨害したとして、「走塁妨害」の判定。二塁走者の得点も認められ、サンディーバが3-2と試合をひっくり返した。

 これで息を吹き返したサンディーバは6回裏にも、再出場・再登板したBrave Bearies・山田蓮を攻め、5番・山口みどりのレフト前ヒット、犠打、7番・炭谷遥香のセンター前に落とすポテンヒットで一死一・三塁の追加点のチャンスをつかみ、8番・倉本美穂が一塁線を痛烈に破る走者一掃のタイムリースリーベースで二者が還り、3点差にリードを広げた。

(※サンディーバは6回裏、倉本美穂が勝利を決定づけるタイムリースリーベースを放つ!)

 守っては、3回表からロングリリーフした左腕・近藤光が好投。Brave Bearies打線をわずか2安打に抑え、追加点を許さず、5-2で快勝。「ホーム」で連敗を「4」で止め、通算成績2勝4敗で「単独最下位」から脱出。まだ「テールエンド」の状態に変わりはないものの、順位の上では「同率8位」に順位を上げた。

 敗れたBrave Beariesも2勝4敗。見事な攻めで2点を先制したまでは良かったが……予定外の継投を強いられたこともあり、投手陣がリードを守り切れず、惜しい試合を落とし、同じく「8位グループ」に吸収される形となってしまった。
 

1670
2020
10
11
10
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc