1部リーグ 第8節 20201011日()豊田自動織機 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】モニカ・アボット
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【トヨタ】《本》山崎早紀
【豊田織機】 
バッテリー
トヨタ三輪さくら、○モニカ・アボット-峰幸代
豊田織機●ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会は、台風14号の影響で初日(10月10日/土)に予定されていた試合が予備日(10月12日/月)に順延。第2日(10月11日/日)第1試合は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、通算成績4勝1敗、「エース」ダラス・エスコベドがここまでの5試合36イニングを一人で投げ抜く「フル回転」を見せれば、「4番」定着が期待される「期待の大砲」中川彩音が「世界のエース」上野由岐子から逆転サヨナラホームランを放つ等、「同率首位」と好調な豊田自動織機 シャイニングベガと、「絶対的エース」モニカ・アボットをコロナ禍で欠きながら、チーム打率3割を超える好調な打線の活躍でここまで4勝1敗、同じく「同率首位」に並ぶトヨタ自動車 レッドテリアーズが激突。注目の「首位攻防戦」となった。

 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分の試合数(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)となってしまったため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。レッドテリアーズの先攻で試合が開始された。

 レッドテリアーズは2回表、シャイニングベガ・先発のダラス・エスコベドから、5番・山崎早紀がワンストライクからの2球目を「完璧」にとらえ、ライトスタンドへ弾丸ライナーで突き刺す先制のソロホームラン! 「女子TOP日本代表」にも名を連ねる「実力者」の会心の一発でレッドテリアーズが大事な「首位攻防戦」で先手を取った。

(※2回表、レッドテリアーズは一死走者なしから山崎早紀がソロホームランを放ち、1点を先取!)

 一方、シャイニングベガはレッドテリアーズの先発・三輪さくらの前に3回まで無得点。ようやく6回裏、4回裏から登板していたレッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットを攻め、1番・江口未来子がこの試合、3本目の安打を放って出塁。二死後、4番・中川彩音の死球で一・二塁とし、5番・チェルシー・グッドエーカーが一・二塁間を襲う強烈な打球を放ったが、セカンド・鎌田優希がダイビングキャッチ。すぐさま起き上がって一塁に送球し、スリーアウトチェンジ。この試合「唯一」のピンチを超ファインプレーで切り抜け、「虎の子」の1点を守った。

(※シャイニングベガは6回裏、二死一・二塁からチェルシー・グッドエーカーがヒット性の打球を放ったが……相手守備陣の好守に阻まれ、無得点)

 レッドテリアーズは、コロナ禍で来日、チーム合流が遅れていた「絶対的エース」モニカ・アボットがようやく今シーズン初登板。待ち望んでいた「エース」がチームに合流し、これで「役者」が揃った。「同率首位」に並んでいたシャイニングベガを「直接対決」で撃破し、宇都宮大会でも「同率首位」に並んでいた太陽誘電 ソルフィーユが敗れたこともあり、通算成績5勝1敗で「単独首位」に立った。

 敗れたシャイニングベガは「エース」ダラス・エスコベドがわずか2安打にレッドテリアーズ打線を抑え込んだものの、山崎早紀に浴びた「一発」が致命傷となり、2敗目。打線も「切り込み隊長」江口未来子が一人3安打を放ち、気を吐いたが……レッドテリアーズの三輪さくら、モニカ・アボットとつなぐ投手リレーの前に最後まで得点を挙げることができず、完封負け。通算成績4勝2敗で首位争いから一歩後退、「同率2位」に順位を落としてしまった。
 

1669
2020
10
11
10
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc