1部リーグ 第8節 20201011日()SGホールディングス VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【伊予銀行】《本》飯田瑞稀②、樋口菜美《二》松成あゆみ
【SGH】 
バッテリー
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美
SGH●加藤あずさ、市谷愛美、カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節高崎大会は、台風14号の影響で初日(10月10日/土)に予定されていた試合が予備日(10月12日/月)に順延。第2日(10月11日/日)第1試合は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、ここまで2勝3敗、「同率5位」に並ぶSGホールディングス ギャラクシースターズがと伊予銀行VERTZが、「上位争い」への生き残りをかけ、対戦した。

 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分の試合数(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)となってしまったため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。VERTZの先攻で試合が開始された。

 先攻のVERTZは初回、ギャラクシースターズの先発・加藤あずさから1番・飯田瑞稀がノーボール・ツーストライクから右中間へ先頭打者ホームラン! 試合開始からわずか3球であっさり先取点を挙げた。
 これで勢いづいたVERTZは続く2回表、6番・松成あゆみの右中間二塁打、犠打で一死三塁とし、8番・甲斐はずきの打席でヒットエンドランを仕掛け、ワンボールからの2球目はファウルとなってしまったものの、3球目もしつこく2球連続ヒットエンドランのサイン。これがピッチャー前にうまく転がり、三塁走者が生還。2点目を挙げた。
 VERTZの「勢い」は止まらない。3回表にはこの回から代わった市谷愛美から4番・樋口菜美がレフトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち、3点目。
 5回表には、1番・飯田瑞稀がこの試合2本目となる本塁打を放ち、4点目。さらに相手守備の乱れに乗じてもう1点を加え、この回2点を追加。5-0と大きくリードを広げ、勝利を決定づけた。

(※VERTZは5回表、飯田瑞稀のこの試合2本目となる本塁打等で5-0と大きくリード!)

 VERTZは7回表にも、5回途中から登板していたギャラクシースターズの「エース」カーヤ・パーナビーに3安打を集中し、ダメ押しの2点を追加。7-0と一方的な試合展開となってしまった。

 守っては、先発・黒木美紀が前節(第7節)の日立 サンディーバ戦に続き、2試合連続の完封勝利。「ルーキー」が堂々たるピッチングで2勝目を挙げ、チームに3勝目をもたらし、通算成績3勝3敗で勝率5割に戻した。

 敗れたギャラクシースターズは2勝4敗。開幕「連勝」の好スタートを切りながら、その後、元気なく4連敗。5チームが並ぶ「同率8位」とはいえ、テールエンド。「上位進出」どころか、「2部リーグ降格」を心配しなければならない位置にまで順位を落としてしまった。
 

1667
2020
10
11
10
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc