1部リーグ 第8節 20201011日()太陽誘電 VS デンソー

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】メーガン・グッド
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【デンソー】《本》吉田彩夏、今村あこ《二》田中真紀子、川畑瞳
【太陽誘電】 
バッテリー
デンソーカーリー・フーバー、○メーガン・グッド、カーリー・フーバー-小島あみ、吉松梨乃
太陽誘電●藤田倭、尾崎望良、曽根はん奈-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節は台風14号の影響を受け、当初予定されていた第1日の日程が3会場(宇都宮大会・高崎大会・横浜大会)とも中止・順延に。各会場第1日の試合は予備日(12日/月)に順延される形となり、実質第2日からのスタートとなった。
 
 今節も新型コロナウイルス感染拡大防止のため「リモートマッチ」(無観客試合)で開催。宇都宮大会・第2日第1試合は、前節連敗を喫し、通算成績2勝3敗と黒星が一つ先行。7チームが同率(2勝3敗)で並ぶという大混戦の「5位グループ」に位置しているデンソー ブライトペガサスと、前節連勝を飾り、通算成績4勝1敗でトヨタ自動車 レッドテリアーズ、豊田自動織機 シャイニングベガと「同率首位」に並ぶ太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 先攻のブライトペガサスは初回、ソルフィーユの先発・藤田倭を攻め、一死から2番・吉田彩夏がセンターへ目の覚める当たりのソロホームラン! 矢のような打球を突き刺し、いきなり強烈な「先制パンチ」を浴びせると、続く2回表にも一死から7番・今村あこがレフトへ豪快なソロホームラン !! 満を持して先発登板してきたソルフィーユ・藤田倭に対し、鮮やかな「一発攻勢」で序盤2点のリードを奪った。勢いに乗るブライトペガサスはその後も攻撃の手を緩めず、4回表には連打と足を絡め、無死二・三塁と攻め立て、9番・白石望美がしぶとく二遊間を抜くタイムリー。一気に二者が生還し、2点を加え、さらにリードを広げた。

(※ブライトペガサスは初回、2回表と「一発攻勢」で得点! ソルフィーユ・藤田倭に強烈な「先制パンチ」を浴びせる)
 
 投げては、初回の守りに入ると同時にDPメーガン・グッドがFPカーリー・フーバーの投手の守備を兼務。実質的な先発投手として登板すると、そのメーガン・グッドが終始「快調なピッチング」を披露。持ち前の「球威」で押しまくり、ソルフィーユ打線を抑え込み、この試合「MAX117㎞/h」を叩き出す等快速球を連発。合計6四死球を与え毎回のように走者を背負いはしたものの、6イニングを被安打1と好投し、勝利投手となり、チームも通算成績を3勝3敗の勝率5割に戻した。
 
 一方、敗れたソルフィーユは先発・藤田倭が序盤に2本のホームランを浴びる等精彩を欠き、4回途中で無念のノックアウト。打線の援護が待たれたが……最後まで1点が遠く、完封負けを喫し、通算成績4勝2敗となった。
 

1665
2020
10
11
10
11
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc