1部リーグ 第8節 20201012日()シオノギ製薬 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【伊予銀行】《本》浅石彩菜、正木朝貴
【シオノギ】《二》比護奈保子
バッテリー
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美
シオノギ●千葉咲実、吉井朝香-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節高崎大会は、台風14号の影響で初日(10月10日/土)に予定されていた試合が中止・順延を余儀なくされ、予備日(10月12日/月)に実施されることになった。
 この予備日に順延された第3日第1試合も、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、ここまで2勝4敗、「同率8位」グループに位置し、2部リーグ降格の「危険地帯」から早く抜け出したいシオノギ製薬 ポポンギャルズと、前日(10月11日/日)のSGホールディングス ギャラクシースターズ戦に飯田瑞稀の1試合2本塁打、「期待のルーキー」黒木美紀の2試合連続となる「完封」の快投で7-0と圧勝し、通算成績を3勝3敗の「勝率5割」に戻し、上位争いに割り込んで行く勢いの伊予銀行VERTZが対戦した。

 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分の試合数(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)となってしまったため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、VERTZの先攻で試合が開始された。

 試合はポポンギャルズが左腕・千葉咲実、VERTZが「2試合連続完封」と絶好調の黒木美紀を先発に立て、3回まで両チーム無得点。4回に試合が動いた。

 VERTZは4回表、簡単に二死となった後、6番・松成あゆみが二遊間をしぶとく破る安打で出塁。続く7番・浅石彩菜が左中間のフェンスを越える先制のツーランホームラン!
 日本リーグデビュー4年目にして「初」というホームランが飛び出し、VERTZが2点を先制した。

(※VERTZは4回表、「伏兵」浅石彩菜のツーランホームランで2点を先制!)

 勢いに乗るVERTZは続く5回表にも、一死から2番・吉田愛純が四球を選び、出塁すると、すかさず盗塁。「足」を使った攻めで得点圏に走者を進め、バッテリーに揺さぶりをかけ、その直後の投球を3番・正木朝貴がしっかりととらえると、打球はライトスタンドへ飛び込むツーランホームランとなり、効果的な「一発攻勢」でポポンギャルズを突き放し、4-0とリードを広げた。

 4点を追うポポンギャルズは最終回、6回まで無得点に抑え込まれていたVERTZ・先発の黒木美紀をようやくとらえ、代打・宇野有加里、7番・竹林綾香の安打等で一死一・二塁と攻め立て、代打・比護奈保子の左中間を破るタイムリーツーベース、1番・谷本奈々のレフト線に落とすタイムリーで3点を返し、アッという間に1点差。なお二死一・二塁の「一打同点」「長打が出れば逆転」の場面を作ったが……最後の打者がセカンドゴロに倒れ、試合終了。猛追及ばず……あと1点に泣いた。

(※4点を追うポポンギャルズは最終回、4本の長短打を集中し、1点差に迫る反撃を見せたが……)
 
 勝ったVERTZは今節連勝。「ルーキー」黒木美紀がチームの「救世主」的存在となり、この試合も最後は1点差まで追い上げられたものの、粘って完投。打線の効果的な「一発攻勢」もあり、4-3で競り勝ち、通算成績4勝3敗と白星を先行させた。
 
 敗れたポポンギャルズは2勝5敗。VERRZの「一発攻勢」を浴び、4失点。最終回、懸命の反撃を見せたものの、あと一歩及ばず、痛い星を落としてしまった。

1661
2020
10
12
10
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc