1部リーグ 第7節 20200927日()Honda VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】常盤紫文
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【SGH】《本》ステーシー・ポーター
【ホンダ】《本》吉田菜々、渡邉瑞貴《二》森山遥菜、佐野由貴美
バッテリー
SGH●加藤あずさ、市谷愛美、丹羽萌、並木あかね-山科真里奈
ホンダ○常盤紫文、ジェイリン・フォード-大塚友紀

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節京都大会・第2日第2試合は、前日、シオノギ製薬 ポポンギャルズとの対戦に0-3の完封負け。昨年「準優勝」という躍進を見せながら、ここまで1勝3敗と「黒星二つ先行」の状況にあるHonda Revertaと、同じく前日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に0-1の完封負けを喫し、通算成績が2勝2敗(勝率5割)となってしまったSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 試合はギャラクシースターズ・加藤あずさ、Reverta・常盤紫文の両投手の先発ではじまり、初回、互いに走者を背負うものの、無失点で切り抜ける滑り出し。
 
 Revertaは2回裏、二死二塁から9番・吉田菜々がしぶとく8球粘ってセンターへツーランホームラン! 自身「日本リーグ初ホームラン」となる「会心の一発」を叩き込み、2点を先制すると、続く3回裏にも一死から3連打で満塁とした後、押し出しの死球、ワイルドピッチで2点を追加し、試合の主導権を握った。

(※Revertaは2回裏、この試合「先発起用」に燃えた吉田菜々の「日本リーグ初ホームラン」で2点を先制! 勢いづく !! )

 Revertaはその後も攻撃の手を緩めず、5回裏にはギャラクシースターズの2番手・市谷愛美を攻め、二死二塁から再び9番・吉田菜々のセンター前タイムリーで1点を追加。1点返された直後の6回裏にも、ギャラクシースターズの3番手・丹羽萌から5番・佐野由貴美、6番・大塚友紀の連続タイムリー、7番・渡邉瑞貴のソロホームランで一挙4点を奪い、着々とリードを広げた。

 守っては、先発・常盤紫文が6イニングを投げ、ソロホームラン1本を浴びはしたもののしっかりと試合を作り、先発投手としての役割を果たすと、最後はこの第7節からチームに合流した「エース」ジェイリン・フォードへ投手リレー。四球とイリーガルピッチで無死二塁の状況を作られはしたが、落ち着いて後続を断ち、ゲームセット。Revertaが9-1でギャラクシースターズに快勝し、今節1勝1敗で通算成績を2勝3敗とした。

 一方、ギャラクシースターズは前日敗戦投手となりながら好投を見せた「エース」カーヤ・パーナビーをこの試合最後まで登板させず。その他4人の投手をつぎ込むという戦い方に出たが、いずれも打ち込まれる結果に……。6回表、「主砲」ステーシー・ポーターが「意地」のソロホームランを放って一矢を報いたが、今節連敗に終わり、通算成績も2勝3敗と黒星が一つ先行する状況になってしまった。

(※ギャラクシースターズは6回表にステーシー・ポーターが「意地の一発」を放って見せたが……)

1658
2020
9
27
09
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc