1部リーグ 第7節 20200927日()日立 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】黒木美紀
敗戦投手【日立】近藤光
打撃成績 【伊予銀行】《本》樋口菜美
【日立】 
バッテリー
伊予銀行○黒木美紀-安川裕美
日立●近藤光、坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、第2日第1試合はともに開幕戦では「快勝」しながら、その後、元気なく3連敗。1勝3敗で並ぶ伊予銀行 VERTZと日立 サンディーバが対戦した。
 
 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分の試合数(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮)となったため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、VERTZの先攻で試合が開始された。

 サンディーバは左腕・近藤光、VERTZは「期待のルーキー」黒木美紀が先発。試合が動いたのは3回表、この回先頭の1番・飯田瑞稀がレフト前ヒットを放ち、出塁すると、次打者が手堅く送り、得点圏に走者を進め、二死後、4番・樋口菜美がライトスタンドへ先制のツーランホームラン! 高めのボール球を強引に力いっぱい引っ叩き、「力」で運ぶ豪快な一発。貴重な先取点をチームにもたらした。

(VERTZは3回表、「主砲」樋口菜美の豪快な一発で2点を先制!)

 守っては、「期待のルーキー」黒木美紀が好投。3回まで一人の走者も許さぬパーフェクトピッチング。4回裏、四球で初めての走者を出し、「打のレジェンド」4番・山田恵里に初安打を許す等、二死満塁のピンチを招いたものの、落ち着いて後続を断ち、この試合「唯一」のピンチを脱すると、5回以降もサンディーバ打線に得点を許さず、被安打2の完封。嬉しい「日本リーグ初勝利」を挙げ、チームの連敗も「3」でストップ。通算成績を2勝3敗とした。

 敗れたサンディーバは開幕戦で勝利を挙げた後は4連敗。1勝4敗で最下位に転落してしまった。前節(第6節)まで打撃ランキングトップを走り、本塁打王争いでもトップに並んでいた「新戦力」アビー・チークが今節はノーヒット。対戦チームが徹底マークの「包囲網」を敷きはじめ、ここからが「真価」が問われるところか。
 緊急補強したはずのケイラニ・リケッツの来日、チーム合流がコロナ禍でままならず、打線もチーム打率1割台と苦しい状況が続いている。何とかこの「苦境」を脱するキッカケがほしいところだが……。
 

1655
2020
9
27
09
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc