1部リーグ 第7節 20200926日()太陽誘電 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【SGH】カーヤ・パーナビー
打撃成績 【SGH】 
【太陽誘電】《本》佐藤みなみ《三》中溝優生
バッテリー
SGH●カーヤ・パーナビー-山科真里奈
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節京都大会・第1日第2試合は、ともにここまで2勝1敗。後半開幕節、第6節初日と続けて勝利を収めながら、次戦黒星を喫し、無傷の3連勝とはいかなかった太陽誘電 ソルフィーユとSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。

 試合はギャラクシースターズのカーヤ・パーナビー、ソルフィーユの藤田倭、「両エース」が立ち上がりから一歩も譲らぬ「投げ合い」を展開。互いに出塁はされるものの、持ち前の球威・変化球のキレ、また「ここぞ!」の場面で四角をキッチリと突くコントロールも抜群! 決定打を許すことなく、0-0のまま終盤へと入った。

 迎えた6回裏、ソルフィーユは期待の3番・藤田倭、4番・原田のどかがいずれもショートゴロに倒れ……簡単にツーアウト。この回もカーヤ・パーナビーを攻略できず「延長タイブレークもあるか……」と思われたが、続く5番・佐藤みなみがツーボールからの3球目「ストライクを取りにきた甘いボール」を迷わず、強振 !! 見事に狙いすました一発(ソロホームラン)を左中間へ叩き込み、喉から手が出るほど欲しかった1点を先制した。

(※ソルフィーユは6回裏、佐藤みなみのソロホームランで待望の1点を先制 !! )

 守っては、ソルフィーユの先発・藤田倭がその「女房役の一発」を力に変え、もう一段ギアチェンジ。7回表のギャラクシースターズの攻撃も無得点に抑え、被安打3・奪三振9の投球内容で完封勝利。チームも通算成績を3勝1敗に伸ばした。

 一方、ギャラクシースターズは「エースの力投」を打線が最後まで援護できず、0-1の完封負け。通算成績も2勝2敗の勝率5割となってしまった。

1652
2020
9
26
09
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc