1部リーグ 第7節 20200926日()シオノギ製薬 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】千葉咲実
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【ホンダ】《二》杉本梨緒
【シオノギ】《三》古藤優実《二》谷本奈々
バッテリー
ホンダ●ジェイリン・フォード-棚町佳奈
シオノギ○千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節京都大会も、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「リモートマッチ」(無観客試合)で開催。第1日第1試合は、昨年準優勝ながら現在1勝2敗と黒星が先行。前節(第6節)2日目の伊予銀行 VERTZ戦で連敗をストップさせ、ようやく初勝利を挙げたHonda Revertaと、こちらも同じく現在1勝2敗。上位進出へ一つでも多く勝ち星を積み上げていきたいシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。

 Revertaのジェイリン・フォード、ポポンギャルズの千葉咲実、「両サウスポー」の先発ではじまった試合は、後攻のポポンギャルズが初回に先制攻撃。1番・谷本奈々がいきなり右中間を切り裂くツーベースで出塁し、送りバントで三進。さらにショートゴロ、四球で二死一・三塁となった後、5番・戸村美紅の鋭い当たりがピッチャーを強襲。この間に三塁走者が本塁へ還り、1点を先取した。

 1点をリードしたポポンギャルズは3回裏にも二死から3番・古藤優実がライトオーバーのスリーベースを放ち、チャンスメイク。連続四球等で満塁と攻め立て、6番・竹林綾香がしぶとくレフト前に運ぶタイムリー! 二者が一気に本塁生還を果たし、2点を追加した。

(※ポポンギャルズは3回裏、二死満塁から竹林綾香の2点タイムリーでリードを広げる!)

 守っては、先発登板したポポンギャルズの「期待の左腕」千葉咲実が終始「気持ち」の入ったピッチングを展開。毎回のように走者を背負いながらも決定打を許すことなく、3安打完封勝利を飾り、通算成績を2勝2敗の勝率5割に戻した。

 一方、Revertaは昨年準優勝の「立役者」となった「エース」ジェイリン・フォードがこの第7節からチームに合流。早速先発登板させ必勝を期したが……4四球を与える等「制球力」を欠き、球威・変化球のキレも「もう一つ」と、まだベストコンディション・本調子とは言えない投球内容に終始。結局最後まで打線の援護もなく、完封負けで通算成績1勝3敗となってしまった。

1651
2020
9
26
09
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc