1部リーグ 第7節 20200926日()伊予銀行 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【豊田織機】《二》江口未来子
【伊予銀行】《二》飯田瑞稀
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
伊予銀行●庄司奈々、山口清楓-安川裕美、若林舞、安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会・第1日第2試合は、開幕戦こそ落としたものの、前節(第6節)では戸田中央総合病院 メディックス戦を1-0の完封勝利、デンソー ブライトペガサス戦を4-2で競り勝ち、連勝。通算成績を2勝1敗とし、今節「ホーム」開催を迎えた豊田自動織機 シャイニングベガと、対照的に開幕戦は快勝したものの、続く第6節では初戦の太陽誘電 ソルフィーユ戦で序盤4点のリードを奪いながら逆転負けしたのが響いたか、続くHonda Reverta戦はノーヒット・ノーランを喫し、0-9の完敗。手痛い連敗で1勝2敗となってしまった伊予銀行 VERTZが対戦した。

 この試合も先攻・後攻をコイントスで決定。シャイニングベガの先攻で試合が開始された。VERTZの先発は庄司奈々。いきなり連続四球を与え、次打者の内野ゴロ、盗塁で一死二・三塁のピンチを招いたものの、後続を二者連続のピッチャーゴロに打ち取り、ピンチを脱した。

 初回、先制のチャンスを逃してしまったシャイニングベガは続く2回表、一死から連続死球、9番・大平あいの二遊間安打で満塁と攻め立て、1番・江口未来子がセンター頭上をライナーで抜くタイムリーツーベース。2点を先取し、なお一死二・三塁のチャンスが続き、2番・竹中真海がキッチリとレフトへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。この回3点を先制した。

(※シャイニングベガは2回表、江口未来子の適時二塁打、竹中真海の犠牲フライで3点を先制!)

 シャイニングベガは終盤6回表にも4回表から登板していたVERTZ・山口清楓をとらえ、死球と連続安打で無死満塁とし、一死後、この試合、先制タイムリーを放っている1番・江口未来子がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者を迎え入れ、貴重な追加点。4-0とリードを広げた。

 一方、VERTZはシャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドを打ちあぐみ、6回までノーヒット。最終回、四球の走者を一塁に置き、5番・飯田瑞稀が「チーム初安打」となるエンタイトルツーベース。無死二・三塁のチャンスを作り、一死後、7番・浅石彩菜がセンターへの犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。1点を返し、完封を免れ、「意地」を見せたが反撃もここまで。最後の打者がショートゴロに倒れ、試合終了。2試合連続の「ノーヒット・ノーラン」こそ阻止したものの、開幕戦の勝利の後、ズルズルと3連敗。通算成績1勝3敗となってしまった。

(VERTZは最終回、飯田瑞稀が「チーム初安打」を放ち、浅石彩菜の犠牲フライで1点を返したが……)
 
 勝ったシャイニングベガは「ホーム」で快勝。こちらは開幕戦を落とした後、3連勝と調子を上げてきている。明日(9月27日/日)は、同じく3勝1敗で並ぶ「連覇」を狙う「王者」ビックカメラ BEE QUEENと対戦することになる。

1650
2020
9
26
09
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc