1部リーグ 第7節 20200926日()日立 VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【日立】小薗美希
打撃成績 【BIC】《本》工藤環奈《二》市口侑果、内藤実穂
【日立】《本》清原奈侑《二》山口みどり、山田恵里
バッテリー
BIC○濱村ゆかり、勝股美咲-我妻悠香
日立●小薗美希-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節刈谷大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、第1日第1試合は「新戦力」アビー・チークが第6節終了時点で、6割2分5厘のハイアベレージで「ただいま首位打者」の活躍。「本塁打王争い」でもトップを走る大活躍を見せながら、前節(第6節)で連敗。1勝2敗と足踏み状態の日立 サンディーバと、開幕戦で「宿敵」トヨタ自動車 レッドテリアーズに大敗しながら、「地元・高崎」で濱村ゆかりのノーヒット・ノーラン達成や太陽誘電 ソルフィーユとの「上州対決」「高崎ダービー」の勝利で連勝。「連覇」へ向け、2勝1敗とチームを立て直してきたビックカメラ高崎 BEE QUEENが対戦した。

 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)のため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、BEE QUEENの先攻で試合が開始された。

 サンディーバの先発は小薗美希。BEE QUEENはその立ち上がりに襲いかかり、1番・森さやかがレフト前ヒットで出塁。次打者のサードゴロで一塁走者が二塁フォースアウトとなった後、3番・市口侑果、4番・内藤実穂に二者連続のタイムリーツーベースが飛び出し、2点を先制。二死後、6番・我妻悠香が四球で歩いた後、7番・大工谷真波が左中間に落とすタイムリー。3点目を挙げ、なお二死二・三塁と攻め立て、8番・工藤環奈がライトスタンドへ運ぶスリーランホームラン! 初回からいきなり打者一巡の猛攻で長短5安打を集中。大量6点を挙げ、早々と試合を決めてしまった。

(※先攻のBEE QUEENは初回、打者一巡の猛攻で大量6点を先制!)

 BEE QUEENの先発は前節(第6節)のHonda Reverta戦で「自身初」のノーヒット・ノーランを達成した濱村ゆかり。2回裏、サンディーバはその濱村ゆかりをとらえ、5番・清原奈侑がレフトポールを直撃するソロホームラン。チームを引っ張る「キャプテン」が意地の「一発」を放ち、1点を返した。

(※サンディーバは2回裏、「キャプテン」清原奈侑のソロホームランで1点を返す)

 サンディーバは6回裏にも、二死三塁から4番・山田恵里がライトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、1点を返したが、反撃もここまで。初回の大量失点をはね返すことができず、開幕戦の勝利の後、元気なく3連敗。通算成績1勝3敗となってしまった。

 対照的にBEE QUEENは開幕戦に大敗した後は快調に3連勝。「連覇」へ向け、着実な足どりを刻んでいる。

1649
2020
9
26
09
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc