1部リーグ 第7節 20200926日()トヨタ自動車 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【戸田中央】中村美樹
打撃成績 【戸田中央】《本》長井美侑
【トヨタ】《二》山崎早紀②、堤加菜子、古澤春菜
バッテリー
戸田中央●中村美樹、星加きらら-坂本結愛
トヨタ○後藤希友、三輪さくら、後藤希友-峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節朝霞大会・第1日第2試合は、ここまで1勝2敗、「エース」ジョーダン・テーラーが好投しながら、なかなか勝ち星に結びつけられなかったものの、開幕3戦目の日立 サンディーバ戦に4-1と快勝し、初勝利を挙げた戸田中央総合病院 メディックスと、開幕戦では「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENに10-1と大勝しながら、前節(第6節)のSGホールディングス ギャラクシースターズ戦では初回に大量5点を先制しながら「まさか……」の大逆転負け。シオノギ製薬 ポポンギャルズ戦も最終的には大差で勝利したとはいえ、一度は逆転を許す等、不安定な試合内容。チーム打率3割3分3厘は12チーム中No.1、開幕3試合で27得点を叩き出す強力打線を誇りながら「絶対的エース」モニカ・アボット「不在」の投手陣に不安を残す2勝1敗のトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 この試合も先攻・後攻をコイントスで決定。メディックスの先攻で試合が開始された。レッドテリアーズの先発は「期待の大型左腕」後藤希友。その立ち上がりをメディックス打線が果敢に攻め、1番・水戸久瑠美実がレフト前ヒット。一死後、3番・坂本結愛のショート内野安打、4番・松木瑛里の四球で満塁とし、5番・長井美侑がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。センター・山崎早紀の本塁送球が悪送球となる間に、三塁走者に続き、二塁走者までもが生還。メディックスが2点を先制した。

(先攻のメディックスは初回、一死満塁から長井美侑の犠牲フライに相手守備の乱れが絡み、2点を先制!)

 いきなり2点を先制されたレッドテリアーズはその裏、メディックス・先発の中村美樹から1番・石川恭子がセカンド内野安打を放ち、出塁。犠打、ファーストゴロの間に二死ながら走者が三塁まで進塁し、4番・古澤春菜のレフト前へのタイムリーで生還。すぐに1点差に詰め寄った。

 1点差に迫ったレッドテリアーズは3回裏、一死から2番・鈴木鮎美、3番・堤加菜子、4番・古澤春菜、5番・長﨑望未の4連続長短打等で3点を挙げ、逆転に成功すると、先発・中村美樹から代わった星加きららからも6番・山崎早紀がセンター頭上を越えるタイムリーツーベースを放ち、この回大量4点を挙げ、5-2と3点のリードを奪った。


(※レッドテリアーズは3回裏、5連続長短打で4点を挙げ、逆転に成功!)

 メディックスは4回表、この回先頭の5番・長井美侑が左中間へソロホームランを放ち、2点差に詰め寄り、最終回にも前のイニング(6回表)から登板していた三輪さくらを攻め、2本の安打と死球等で二死満塁の「一打同点」「長打が出れば逆転」の場面を作ったが……リエントリーで再登板した後藤希友に最後の打者が空振り三振に打ち取られ、試合終了。あと一歩及ばす、通算成績1勝3敗となった。

 勝ったレッドテリアーズは3勝1敗。「絶対的エース」モニカ・アボットの不在で継投策でのやりくりを余儀なくされているが、好調な打線がこれをカバー。この試合も先制を許したものの打線の活躍で試合をひっくり返し、最後も「エース不在」の不安材料が顔をのぞかせながらも何とか逃げ切り、首位戦線に踏み止まっている。

1648
2020
9
26
09
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc